ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課蕃山・斎勝沼緑地環境保全地域

蕃山・斎勝沼緑地環境保全地域

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年5月27日更新

蕃山(ばんざん)・斎勝沼(さいかちぬま)
緑地環境保全地域

地域の概要

 この地域は、仙台市街地西部に位置し、仙台市の青葉区と太白区にまたがる蕃山(ばんざん)、西風蕃山(ならいばんざん)ならびにその西部の月山池、斎勝沼を中心とした地域で、都市近郊に残された貴重な緑地の一つとなっています。
 西風蕃山には自然の姿のモミ・イヌブナ林が見られ、特別天然記念物のニホンカモシカの他、ツキノワグマ、キツネ、テン、ノウサギ等多様な動物が生息しています。
 この地域には眺望の優れた地点が数多くあり、中でも蕃山の頂上からは、東は金華山(きんかさん)、塩釜、亘理、荒浜まで、西は大倉山から蔵王(ざおう)連峰までとたいへん広い範囲に渡ってすばらしい景観を眺めることができます。

 

西風蕃山(ならいばんざん)(画像)
上画像:西風蕃山(ならいばんざん)

 

蕃山・斎勝沼で見られるいきものたち

 斎勝沼近くの小沼周辺の湿地には、ニッコウキスゲとトキソウが生育しています。都市近郊で見るのは珍しくなっていますので、大切にしなければなりません。
 蕃山の丘陵にはニホンカモシカやツキノワグマなどたくさんの動物たちが生息しています。

蕃山・斎勝沼で見られるいきものたちの表
ニッコウキスゲニホンカモシカ斎勝沼緑地公園
ニッコウキスゲ(画像)

ニホンカモシカ(画像)

斎勝沼緑地公園(画像)

 

蕃山を歩く

 蕃山は東西に長い尾根をもち、東から蕃山(標高356m)、西風(ならい)蕃山(373m)、蛇台(じゃたい)蕃山(366m)と3つの峰が連なっています。東方の山麓にある大梅寺(だいばいじ)は、松島の瑞巌寺を興した雲居(うんご)禅師の隠居寺として建立されたものです。この寺から蕃山の尾根道へと歩くと、石地蔵や歴代住職の墓碑などがあり、蕃山の歴史を偲びながら歩くことができます。