ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課篦岳山県自然環境保全地域

篦岳山県自然環境保全地域

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年5月27日更新

箟岳山(ののだけやま)県自然環境保全地域

地域の概要

 この地域は涌谷(わくや)町に位置し、仙北平野のほぼ中央に横たわる加護坊(かごぼう)・箟岳(ののだけ)丘陵の東の主峰である箟岳山を中心とした地域で、古くから奥州涌谷の「ののだけさん」として広く知られた箟峰寺(こんぽうじ)の境内が大半を占めています。
 加護坊・箟岳丘陵は、ほぼ全域が緑地環境保全地域となっていますが、丘陵内でも自然環境が特に優れ、学術的にも高い価値を有している箟岳山地域は、特に県自然環境保全地域として指定されています。
この地域の植生はスギ林やクヌギ林、コナラ・クリ林等からなっており、箟峰寺の聖なる森として長い間大切に保全されてきたことから、樹高20mを超えるスギの巨木を数多く見ることができます。

 

迫川から篦岳山を望む(画像)
上画像:迫川から箟岳山(ののだけやま)を望む

 

里山のチョウ

 加護坊・箟岳丘陵にはコナラ・クリ林やクヌギ林、ススキ草原がみられ、里山としての代表的自然が保たれています。ここにはアゲハチョウ類やタテハチョウ類が数多く生息しており、クヌギ林では珍しいシジミチョウ科のチョウも見ることができます。

 

里山のチョウの表
キアゲハウラミスジシジミ
キアゲハ(画像)

ウラミズジシジミ(画像)

 

箟峰寺(こんぽうじ)

 標高236mの箟岳山(ののだけやま)は、箟岳観音、白山権現を中心とした24の宿坊を持つ天台宗の聖地です。民謡の「秋の山唄」にもうたわれているように、箟岳さんは五穀豊穣の神として古くからあつい信仰を集めてきました。県の無形民族文化財にも指定されている正月の白山(はくさん)祭の際には、大勢の参拝客でにぎわいを見せます。