ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課平成17年度ガンカモ科鳥類生息調査

平成17年度ガンカモ科鳥類生息調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2006年11月6日更新

 平成17年度調査結果

(単位:羽 ()は昨年同時期比)

平成17年度調査結果の表
調査年月日ガン 類ハクチョウ類カモ類
平成17年11月9日81,191羽
(100%)
1,601羽
(46%)
34,458羽
(72%)
117,250羽
(89%)
平成18年1月13日97,371羽
(98%)
11,048羽
(117%)
57,540羽
(113%)
165,959羽
(104%)
平成18年3月16日4,555羽
(44.8%)
2,229羽
(75.5%)
28,816羽
(84.5%)
35,600羽
(75.4%)

各調査地点での確認種や羽数は「環境省インターネット自然研究所(湿地におけるガン・カモ類調査)」の左欄「多重検索」より調査月日,県名(宮城県)を指定して御覧下さい。

11月調査(H17.11.9実施)の概要

 ガン類は,昨年並みの飛来数になりました。
 蕪栗沼の水量が少なかったせいか,昨年より多くのマガンが伊豆沼・内沼をねぐらとしていました。
 化女沼では,亜種ヒシクイはカウントされませんでした。
 ハクチョウ類は昨年度同時期よりも1,914羽減少しました。10月下旬~11月上旬の気温が高かったこと から南下が遅れているものと思われます。
 カモ類は昨年度同時期よりも13,167羽減少しました。ハクチョウと同様,10月下旬~11月上旬の気温が 高かったことから南下が遅れているものと思われます。

 

1月調査(H18.1.13実施)の概要

 ガン類は,昨年並みの飛来数になりました。
 蕪栗沼の大部分が凍結していたため,ねぐらが分散しました。(伊豆沼をねぐらとするマガンが増えました)
 寒波・積雪の影響で南下したマガン・亜種ヒシクイを仙台市若林区大沼付近で確認しました。
 コクガンが3年ぶりで蒲生海岸にて確認されました。(お伊勢浜,片浜と併せて48羽のコクガンが確認できまし た)
 ハクチョウ類は昨年度同時期よりも1,620羽増加しました。寒波(大雪)の影響を受け,南下したものと思われます。
 カモ類は昨年度同時期よりも6,773羽増加しました。ハクチョウと同様,寒波(大雪)の影響を受け,南下し たものと思われます。

 

3月調査(H18.3.16実施)の概要

 ガン類は,昨年は北帰行が遅れ,同時期の調査時には,まだ多くのガン類が残っていましたが,今年は2月 になって暖かくなったため,ほぼ例年並みとなりました。
 伊豆沼3工区の水田でカリガネ15羽が確認されました。
 コクガンはお伊勢浜で18羽,南三陸町折立で9羽,化女沼で1羽確認されました。
 ハクチョウ類も例年並みの数となりました。順調に北に戻っていると思われます。
 カモ類も同様に例年並みとなりました。