ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

研究所の概要・沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月3日更新


 要覧はこちら [PDFファイル/2.04MB]
 

宮城県農業・園芸総合研究所

〒981-1243 宮城県名取市高舘川上字東金剛寺1番地
Tel 022-383-8111    Fax 022-383-9907
E-mail:marc-fk@pref.miyagi.lg.jp
 

組織体制・施設

こちらの「体制図 [PDFファイル/37KB]施設・ほ場概要図 [PDFファイル/174KB]」を参照してください。

※岩沼分庁舎(宮城県岩沼市字東谷地1番地)での品種管理に係る業務は,平成31年4月より宮城県古川農業試験場に移管しました(業務は引き続き岩沼分庁舎で行われます)。

研究所の沿革

こちらの「沿革 [PDFファイル/38KB]」を参照してください。

各部の主な業務・試験研究

 総務部 Dept.of General Administration

  • 農業・園芸総合研究所の庶務,会計,施設の維持管理,周辺環境の整備及び各試験研究に必要な労務職員配置等,機能的に業務が行われるよう集中的に管理を行っています。

 

 企画調整部 Dept.of Research Planning & Management

  • 普及関係機関及び行政等からの要望課題の集約,各種試験研究の総合的な企画や調整,知的財産権の管理,試験研究成果の評価会議の開催,農業者及び農業指導者等を対象とした研修の企画立案や試験研究成果の広報,見学者の案内や図書管理,ホームページの管理・運営などを行っています。

  • 震災後に実施した「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」(平成24~29年)のオープンラボを通じた広報活動や「先端技術展開事業の研究成果の社会実装促進」(平成30~32年)において実証研究で得られた成果の普及のための研修会等の開催に取り組んでいます。

企画1       
  外部評価委員会による試験研究の評価

企画2
  主催研修の開催

 

 情報経営部 Dept.of Information & Management

  • 消費者・実需者ニーズを的確に捉えた戦略的なマーケティング,生産工程管理手法の導入による生産・販売体制の高度化等,生産から販売までの様々な情報資源を農業者が効果的に活用できるような手法の導入や高度化等に取り組んでいます。

  • 農業経営や地域営農の高度化を図るため,新技術の導入等へ向けた経営評価,土地利用型経営の多角化や規模拡大へ向けた経営モデル(シミュレーション)作成,農業法人の就労環境改善や人材育成の効果的な支援手法等に取り組んでいます。

情経1   
  グループインタビューによるブドウ(シャインマスカット)の消費者ニーズ調査

情経2   
  園芸品目の導入や生産拡大を検討するための経営モデルの例(収支や労働時間のシミュレーション)

 

 野菜部 Dept.of Vegetable

  • 野菜部では,野菜を対象にイチゴ新品種の育成や高度な複合環境制御・低コスト・省力化・高品質生産・新規品目の導入等を目的とした栽培技術の開発,生産性の高い作業技術の開発等に関する試験研究に取り組んでいます。

  • イチゴ分野では,新品種の育成,現地に適合した栽培技術の開発を行っています。

  • 施設野菜分野では,新たに整備した太陽光利用型植物工場で,収量・品質向上を実現する高度の環境制御技術等の開発を行っています。

  • 露地野菜分野では,タマネギなどの機械化体系の確立や新たな需要を創出するための新規品目の検索,生産安定技術の開発を行っています。

  • 生産工学分野では,省力軽労化,生産施設の高温条件下等での作業の快適化,生産管理の高度化等,農業者が働きやすく生産性の高い作業技術の開発を行っています。

野菜1 
  新品種「にこにこベリー」の栽培状況

野菜2
  太陽光利用型植物工場でのトマト栽培

野菜部3 
  タマネギ機械化体系の実証

野菜4
  ファン付き作業着による作業改善調査

 

 花き・果樹部 Dept.of Flouriculture and  Fruit Tree

  • 花き分野では,スプレーギクの新品種育成,きく類などの本県主力花きの安定生産技術の開発に関する研究を行っています。また,キクやカーネーションを対象に,生産コストの削減や需要期の安定出荷を可能とする栽培技術の開発に取り組んでいます。

  • 果樹分野では,リンゴ,ナシ,ブドウなどの主要果樹の安定生産及び早期多収並びに省力化を目指した技術開発を行っています。また,リンゴなどの県オリジナル品種の育成や地球温暖化などの気象変動に対応する栽培技術の開発・研究に取り組んでいます。

花き果樹1
  キクの省エネ栽培(EOD-heating)

花き果樹2
  リンゴのジョイント栽培

 

 園芸環境部 Dept.of Horticultural Environments

  • 土壌環境分野では,東日本大震災に伴う津波被害農地の土壌管理,物理性改善等の研究に取り組んでいます。また有機質資材の有効利用に関する試験,散布した農薬が後作物へ及ぼす影響を調査しています。

  • 病害虫分野では,総合的病害虫管理技術の確立をめざし,虫害及び病害を効率的に防除するため,土着天敵の利用を含めた生物的防除技術,各種資材を利用した物理的防除技術,リビングマルチ等を利用した耕種的防除技術, 及びそれらに化学的防除技術を組み合わせた体系的な利用方法の開発を行っています。 

  • 遺伝子工学の分野では,遺伝子解析手法を用いて,診断が難しい病害虫を迅速に検定する技術や農作物の品種識別技術の開発等を行っています。

   

環境1
  原子吸光分光光度計による土壌及び植物の成分分析

園芸環境2
  リビングマルチを利用した害虫の耕種的防除

園芸環境3
  UV-B電球形蛍光灯を利用したイチゴうどんこ病防除

園芸環境4
  遺伝子解析による病害検定

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)