ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ブロック塀の安全点検について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月10日更新

1 自己点検しましょう。

 平成30年6月に発生した大阪北部地震により倒壊したブロック塀の下敷きとなり小学4年生の児童がお亡くなりになりました。

 本県でも古くは宮城県沖地震でブロック塀による大きな被害が出ております。

 地震はいつ起きるか分かりませんので,御自宅のブロック塀の安全点検をお願いします。

 ブロック塀は個人の資産であり,適切な維持管理は所有者(管理者)の責務となっています。

 まずは,自分でできる範囲の安全点検を実施しましょう。

 

これまでのブロック塀の被害等について(宮城県建築宅地課) 

自己点検方法

 

2 専門家に相談しましょう。

 自己点検で危険な箇所を発見した場合は,建築士や建設会社などの専門家に相談し点検してもらいましょう。

 相談できる建築士等がいない場合は以下の機関で紹介を受けることができますので御活用下さい。

 

・公益社団法人日本エクステリア建設業協会宮城県支部((有)グリーンケア) TEL:022-344-6225

・宮城県コンクリートブロック協業組合 TEL:0223-34-1360

・宮城県建築士事務所協会 TEL:022-223-7330

・宮城県建築士会 TEL:022-298-8037

・宮城県建設業協会 TEL:022-262-2211

 

3 補助金等の支援について

 点検の結果,改修や撤去が必要と判断された場合には,市町の補助金を活用できる場合がありますので,お住まいの市町の担当課に御確認ください。

市町村連絡先一覧

 

 なお,大河原土木事務所においても相談窓口を開設しております。自己点検の方法等に不明な箇所がある場合は,写真等の現地の状況が分かる資料を御持参の上,来所ください。

 相談窓口の開設時間:平日(土曜,日曜,祝日を除く)の午前8時30分から午後17時15分まで

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)