掲載日:2023年9月7日

ここから本文です。

地域計画について

これまで、地域での話合いにより、⼈・農地プランを作成・実⾏してきましたが、今後、⾼齢化や⼈⼝減少の本格化により農業者の減少や耕作放棄地が拡⼤し、地域の農地が適切に利⽤されなくなることが懸念される中、農地が利⽤されやすくなるよう、農地の集約化等に向けた取組を加速化することが、喫緊の課題です。

このため、(1)⼈・農地プランを法定化し、地域での話合いにより⽬指すべき将来の農地利⽤の姿を明確化する地域計画を定め、(2)それを実現すべく、地域内外から農地の受け⼿を幅広く確保しつつ、農地バンクを活⽤した農地の集約化等を進めるため、農業経営基盤強化促進法等の改正法が令和5年4⽉1⽇に施⾏されました。

このことにより、人・農地プランが法定化され、令和7年3月までに各地域で「地域農業経営基盤強化促進計画」(地域計画)が策定されます。

「地域計画」策定サポートブックについて

宮城県では、令和4年度に4つのモデル地区を「将来ビジョン地区」として設定し、市町村等関係機関とともに、地域計画策定に向けて地域の話合いを実施してきました。それらの結果を踏まえ、話合いの進め方のポイントや事例を紹介する「地域計画」策定サポートブックを作成いたしましたので、各市町村の取組の参考資料としてご活用ください。

地域計画策定推進緊急対策事業について

本事業は、地域の農業者等の話合いに基づき、地域の農業の在り⽅や農地利⽤の姿を明確化した地域計画の策定に必要な取組を支援するため、市町村及び都道府県の取組に係る経費について国が補助するものです。

1.要綱、要領等

令和5年度

 

2.令和5年度地域計画策定推進業務に係る企画提案募集について【委託候補者決定】

標記業務の委託候補者が決定したため、お知らせします。

(1)業務概要

本業務は、地域が目指すべき将来の具体的な農地利用の姿等を明確化した地域農業経営基盤強化促進計画(以下、「地域計画」という。)の策定を市町村が円滑に行えるようにするために県が選定する地域計画策定推進モデル地区(以下、「モデル地区」という。)において、ワークショップの開催等を通じて合意形成を図り、地域計画の策定推進と得られた成果の横展開により、モデル地区以外の地区を含めて、工程表に沿った取組を促すことを目的に実施します。

(2)委託期間

契約締結の日から令和6年3月8日(金曜日)まで

(3)事業費(委託上限額)

金3,055,250円(消費税及び地方消費税を含む)

(4)業務内容

令和5年度地域計画策定推進業務仕様書のとおり

(5)スケジュール

企画提案募集・選定スケジュール

内容

期日

企画提案募集開始

令和5年7月6日(木曜日)

企画提案書作成等に関する質問受付期限

令和5年7月19日(水曜日)午後5時

質問への回答期限

令和5年7月27日(木曜日)

企画提案参加申込・企画提案書提出期限

令和5年8月1日(火曜日)午後5時

書類選考(提案者が5者以上の場合)

令和5年8月3日(木曜日)

業務委託候補者の選考(選定委員会)

令和5年8月10日(木曜日)(予定)

選定結果の通知

令和5年8月中旬(予定)

契約締結・業務開始

令和5年8月下旬(予定)

 

(6)企画提案募集要領・各種様式

(7)企画提案に係る質問及び回答

 (8)選定結果

  • 業務委託候補者:株式会社ノースエイム

お問い合わせ先

農業振興課経営構造対策班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8-1

電話番号:022-211-2835

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は