ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

性暴力被害相談支援

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月19日更新

 

性暴力被害相談支援センター宮城について

 宮城県では,強制性交等,性暴力の被害にあわれた方などからの相談を受け,要望に応じた支援のコーディネートを行う拠点として,平成26年4月から「性暴力被害相談支援センター宮城」を設置しています。

  センターでは,性暴力の被害を受けた方からの相談を受け付けるほか,性感染症検査費用等の助成など各種支援を行っております。

 ひとりで悩まず,まずはお電話にてご相談ください。

けやきホットライン(相談専用電話) 

けやきホットラインリーフレット [PDFファイル/2.6MB]

 電話番号 0120-556-460

《県内限定のフリーダイヤル》

月曜日~金曜日 午前10時から午後8時まで
 土曜日       午前10時から午後4時まで

(祝日及び年末年始を除く) 

相談は,性別を問わず受け付けています。

また,警察に届出をしなくても,支援は受けられます。

土曜日は,男性相談員による相談も行っております。

支援内容

  1. 電話相談・面接相談
  2. 付き添い支援
  3. 公認心理師等や弁護士の紹介,公認心理師等による無料カウンセリングの提供,弁護士の無料法律相談
  4. 医療機関等の紹介・緊急避妊措置料や性感染症検査費用等の助成
  5. 緊急避難に伴う宿泊費用の助成 

※このほか,専門支援機関についての情報提供等,被害にあわれた方の要望に応じた支援も行っております。

 

SNS相談「Cure Time(キュアタイム)」

内閣府では,性暴力に関するSNS相談「Cure Time(キュアタイム)」を実施しています。   
これって普通なの?と思うこと,イヤだったこと,困っていること,モヤモヤしていること,何でも相談して下さい。
年齢・性別・セクシュアリティを問わず,匿名で相談を受け付けます

キュアタイム(外部サイトへリンク)

宮城県警察の相談窓口

性犯罪被害相談電話

 宮城県警察では,性犯罪の被害にあわれた方などから相談を受ける「性犯罪被害相談電話」を設置しています。身近な方が性犯罪の被害にあわれたという方からも相談を受けています。被害のことを誰にも相談できないという方,被害届を出したいが方法が分からない方は,是非ご利用ください。                                     

   性犯罪被害相談電話全国共通ダイヤル ♯8103(ハートさん)  

   全国共通の短縮ダイヤルで,発信場所を管轄する都道府県警察の性犯罪被害相談電話(宮城県の場合「0120-19-8103」)につながります。

             ※宮城県警察の受付時間 24時間365日受付                                                                          

  緊急を要するときは110番又は今いる場所やお住まいを管轄する警察署に電話してください。

  ・ 宮城県警察のホームページ「性犯罪の被害にあわれた方へ」            

 性被害等にあわないために

 以下のリーフレットで,性被害等にあわないための注意点や,万が一被害にあってしまった場合の相談窓口について掲載しています。

                                        

薬物やアルコールなどを使用した性暴力・性犯罪について

 薬物やアルコールなどを使用した性暴力・性犯罪に気をつけてください。

 詳しくは,下記内閣府のホームページを御覧ください。

  「薬物やアルコールなどを使用した性暴力・性犯罪って?」(内閣府ホームページ)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)