ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす気仙沼土木事務所県道からの乗入口の設置や、縁石・ガードレール等を撤去するとき

県道からの乗入口の設置や、縁石・ガードレール等を撤去するとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月4日更新

道路工事施行承認とは

 道路管理者(県道の場合は県土木事務所長)に申請し,承認を得ることで,道路管理者以外の者が道路に関する工事を行うことができる制度です。道路の占用とは異なり,県の道路区域内に設置した工作物等は,工事完了後に県に帰属しますので,御注意願います。道路工事施行承認の具体例は,以下のとおりです。

  • 県道からの乗入口を設置したい。
  • 縁石や、ガードレールを撤去したい。
  • 法面に盛土(切土)したい。

道路工事施行承認の一例

道路工事施行承認の一例

気仙沼土木事務所の管理道路

 当所の管理する道路は,以下の19路線です。

気仙沼土木事務所管理路線
国 道主要地方道一般県道
国道284号
国道346号
国道398号
(主)気仙沼港線
(主)本吉室根線
(主)気仙沼唐桑線
(主)気仙沼陸前高田線
(主)気仙沼本吉線
(一)志津川登米線   (一)大島浪板線
(一)馬籠志津川線   (一)清水浜志津川港線
(一)泊崎半島線
(一)上八瀬気仙沼線  (一)馬籠東和線
(一)鹿折唐桑停車場線(一)払川町向線
(一)上鹿折停車場線  (一)馬場只越線

※国道45号の管理は,国土交通省東北整備局仙台河川国道事務所気仙沼国道維持出張所(Tel:0226-27-2705)
  市町村道の管理は各市町村が行っています。

申請に係る手続きの流れ

1.事前相談

 道路工事施工承認は,道路占用と同様に,その内容によって様々なケースがあることから,極力事前相談のご相談をお願いしています。特に,車道・歩道内を掘削する場合は,県道の舗装構成に準じた復旧工事が求められますので,必ず事前にご相談願います。

2.申請書類の提出

 申請書類は,以下のものを1部提出ください。

  1. 申請書 申請書[Wordファイル/34KB]       
  2. 位置図
  3. 平面図
  4. 保安施設設置計画書
  5. その他(必要に応じて以下の書類の提出を求めることがあります。)
    ア 横断図,イ 構造図,ウ 現況写真 等

3.審査・現地調査

 申請書の提出後,当所で内容を審査するとともに,現地を調査・確認します。

    4. 承認書発行

     所内決裁後に,承認書を発行します。

      5.承認書発行後の提出書類

       現地の工事に着手する7日前までに,着手届,工程表,管轄警察署の道路使用許可の写しを提出してください。また,工事完了後はしゅん工届,工事写真(工事前~施工段階毎~完成後)を速やかに提出してください。

        6.しゅん工確認

         しゅん工届の提出後,県土木事務所が検査を行います。検査合格後に,しゅん工確認書を交付します。県の基準に沿わないもの,条件を満たさない工事内容等については,工事の再施工を命じることもありますので,ご注意ねがいます。

          よくある質問

          • 「道路」の範囲はどこまでを指すの?
             道路法第18条に基づき,道路管理者が道路区域として決定した範囲は,例外なく道路として取り扱われます。よって,車道や歩道だけではなく,路肩や側溝,法面等も道路の範囲となります。
          • 申請から許可まで,どれ程度の期間がかかるの?
             行政手続法上の標準処理期間は,15日間(土曜日や日曜日,祝日や年末年始といった閉庁日を除く)となっています。
          • 乗入れは複数設置できるの?
             原則として,申請地に1箇所となります。ただし,出入口を分離する必要がある施設(大規模店舗,ガソリンスタンド等)や,大型貨物自動車が常時出入りする等の特別な事情がある場合は,乗入れを2箇所まで設置できます。
          • 乗入れの幅はどの程度まで設置できるの?
             乗入れを利用する車両により,1種から3種まで乗入れ幅の基準が設けられています。一般家庭用の乗入れ幅は,3種通路に該当するため,乗入れ幅は最大で4メートルとなります。また,車体長8メートル以上の車両が出入りする場合(ガソリンスタンドや工場,大型店舗等)は,1種通路に該当し,乗入れの幅は最大12メートルが限度となります。詳しくは,当所行政班又は道路管理班へご相談ください。
          • 許可を受けた内容が変更になるが、どのような手続きが必要か?
             変更の内容にもよりますが,再度申請書を提出していただく必要があります。詳細については,事前にお問い合わせください。