トップページ > しごと・産業 > 土木・建築・不動産業 > 建築士 > 懲戒処分・建築士事務所監督処分基準

掲載日:2018年5月17日

ここから本文です。

懲戒処分・建築士事務所監督処分基準

処分基準の一部改正について

本県では、二級建築士及び木造建築士並びに建築士事務所の業務の適正を確保することを目的として、建築士法(昭和25年法律第202号)に基づく懲戒処分及び監督処分の基準を定めているところですが、平成29年6月1日に一級建築士(国土交通大臣免許)の懲戒処分の基準が一部改正されたことから、県が所管する二級建築士及び木造建築士の懲戒処分の基準について一部改正しました。

主な改正点

(従来の基準)定期講習受講義務違反の場合、「戒告」

(改正後の基準)定期講習受講義務違反の場合、以下の順で段階的に指導及び処分

  1. 「文書注意」
  2. 「戒告」
  3. 「業務停止」

処分基準本文

二級・木造建築士の懲戒処分及び建築士事務所の監督処分の基準(PDF:261KB)(平成30年5月17日施行)

関係リンク

一級建築士の懲戒処分の基準(国土交通省)(PDF:808KB)

お問い合わせ先

建築宅地課企画調査班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号
(宮城県行政庁舎9階 南側)

電話番号:022-211-3245

ファックス番号:022-211-3191

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は