ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす建築宅地課宅地建物取引士証再交付手続き

宅地建物取引士証再交付手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月2日更新

有効期間が残っている宅地建物取引士証(以下,取引士証という)を亡失,滅失,汚損,破損等された方は,窓口(宮城県土木部建築宅地課調整班)に申請することで,再度交付を受けることができます。

取引士証の再交付を希望される場合は以下の書類をご用意の上,窓口にご提出ください(郵送可)。

目次

  1. 必要書類
  2. 法定講習前に取引士証をなくした事に気がついた場合
  3. 窓口(書類提出先)
  4. 関連リンク

1.必要書類

下記書類を窓口(宮城県土木部建築宅地課調整班)に持参又は郵送してください。宅地建物取引士証が再交付されるまでは,宅地建物取引士証を使用する業務(重要事項説明等)が行えません。ご注意下さい。

※ 申請書類への押印については,行政書士に委任する場合の委任状を除き,押印不要になりました。

  1. 宅地建物取引士証再交付申請書 [Excelファイル/105KB]
    (PDF版:取引士証再交付申請書 [PDFファイル/75KB])
  2. カラー写真(3cm×2.4cm)2枚
    (1枚は申請書へ貼付し,1枚は貼らずに添付(取引士証用))
  3. 宮城県収入証紙 4,500円 (申請書の裏面へ貼付)
    ※購入方法は,収入証紙のご案内【会計課ホームページ】をご覧下さい。
  4. 宅地建物取引士証亡失届 [Wordファイル/32KB](亡失等により,取引士証がない場合のみ添付)
  5. (PDF版:取引士証亡失届 [PDFファイル/45KB])
  6. 本人確認書類のコピー(白黒コピー可)
    公的機関が発行する顔写真付きの身分証明書のコピー。(例:運転免許証,パスポート等。住所等の裏書きがある場合は裏面もコピー)
    ※マイナンバーカード(個人番号カード)のコピーの場合には,マイナンバー(個人番号)が記載されている裏面のコピーは不要です。通知カードのコピーは本人確認書類としてご使用できません。
    ※上記のような本人確認書類がない場合,「取引士証交付申請書」及び「取引士証亡失届」に実印を押印し,印鑑証明書を添付することで申請可能です。

    以下のものは,必要な場合のみ添付してください。

  7. 返信用封筒(新しい取引士証を,窓口で直接受け取れない場合のみ)
    定型,特定記録分(244円)の切手を貼付
  8. 現在交付されている取引士証(汚損,破損等による申請で,取引士証がお手元にある場合のみ)

登録内容(氏名,住所,本籍,従事先)に変更がある場合には,変更に必要な書類を同時に提出してください。

必要な書類等については,ホームページ「宅地建物取引士の登録内容変更手続き」をご覧ください。

再交付にかかる期間

書類提出から1週間~2週間程度

※書類の不足等がありますと,再交付が遅れる場合があります。必要なものが揃っているか,また,書類に記入漏れがないか提出前に必ずチェックしてください。

2.法定講習前に取引士証をなくした事に気がついた場合

法定講習前に,取引士証をなくした事に気がついた場合は,「取引士証亡失届」を正副2部,窓口に提出してください。

副本をお返ししますので,それを法定講習時に提示すると,新しい取引士証が交付されます。

宅地建物取引士証亡失届 [Wordファイル/31KB](PDF版:宅地建物取引士証亡失届 [PDFファイル/45KB])

※郵送により手続する場合は,上記に加え,返信用封筒(定型,84円分の切手を貼付)を提出してください。

3.窓口(書類提出先)

〒980-8570
宮城県仙台市青葉区本町3-8-1(宮城県庁 行政庁舎9階)
宮城県 土木部 建築宅地課 調整班

Tel:022-211-3242

4.関連リンク


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)