ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす建築宅地課被災宅地危険度判定の実施結果が出ました

被災宅地危険度判定の実施結果が出ました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

 今回の東日本大震災にともなって,宮城県内で実施された被災宅地危険度判定の実施件数のまとめです。
 5月19日をもって,県内における判定作業は完了。
 

被災宅地危険度判定の実施件数
市町村実施状況判定結果(3月13日~5月19日)
完了仙台市,角田市,岩沼市,川崎町,亘理町,山元町,松島町,利府町,大和町,加美町

危険
886件
要注意
1,470件
調査済
1,640件

合計
3,996件

予定なし石巻市,塩竈市,気仙沼市,多賀城市,白石市,名取市,登米市,栗原市,東松島市,大崎市,蔵王町,七ヶ宿町,大河原町,村田町,柴田町,丸森町,七ヶ浜町,大郷町,富谷町,大衡村,色麻町,涌谷町,美里町,女川町,南三陸町

 ※被災宅地危険度判定
  宅地が大規模かつ広範囲に被災した場合,二次災害を軽減・防止するため,被災宅地の危険度を判定し,
  所有者に対し情報提供を行うもの。