ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす健康・福祉保健・医療・福祉全般保健・医療・福祉全般平成28年熊本地震に対する応急仮設住宅対応チームの派遣

平成28年熊本地震に対する応急仮設住宅対応チームの派遣

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月25日更新

宮城県では平成28年熊本地震への支援として,東日本大震災における経験を踏まえ,応急仮設住宅(民間賃貸住宅)の確保に係る初動体制の確立を支援するため、当該業務担当経験職員を派遣することとしました。

派遣内容

応急仮設住宅(民間賃貸住宅)対応として実務経験のある事務職員3名を、熊本県へ派遣します。

派遣期間は、平成28年4月25日(月曜日)から平成28年4月28日(木曜日)までの4日間になります。

主な活動内容は以下のとおりです。

  • 民間賃貸住宅を確保するための初動体制立ち上げに係る後方支援
  • 民間賃貸住宅に係る住宅確保等準備作業の運営支援
  • 民間賃貸住宅確保に係る委託業務の調整支援
  • 被災地(現地)職員の支援

なお、現地の状況により、派遣期間の継続等について判断します。

派遣出発式の様子

出発式の室内写真

職員による見送りの写真

車に乗り込み出発する写真