トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保健 > 病院・医療機関 > 無痛分娩の安全な提供体制の構築について

掲載日:2021年7月12日

ここから本文です。

無痛分娩の安全な提供体制の構築について

無痛分娩に関する周知文書

無痛分娩については,複数の死亡事案が発生したことを受け,平成30年3月に「無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言」が取りまとめられました。また,厚生労働省において,提言を基に「無痛分娩取扱施設のための,「無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言」に基づく自主点検表」が作成されています。

詳細は以下のファイル等を参照願います。

(参考)無痛分娩Q&A(日本産科麻酔学会)http://www.jsoap.com/pompier_painless.html(外部サイトへリンク)

提言を受けて,令和3年7月に無痛分娩に関する関係学会及び関係団体から構成される無痛分娩関係学会・団体連絡協議会(The Japanese Association for Labor Analgesia:JALA。以下「JALA」という。)において実施されている取組の詳細について,下記通知のとおり取りまとめられました。

無痛分娩の安全な提供体制の構築について(補足)(PDF:122KB)

JALAウェブサイト https://www.jalasite.org/(外部サイトへリンク)

無痛分娩取扱施設の一覧について

今後,JALAにおける公開に一元化することを予定しておりますが,厚生労働省においても,無痛分娩を希望する妊婦が分娩施設を選択する際の参考となるよう無痛分娩取扱施設の一覧を作成し,公表しています。(公表は希望する施設のみ)

無痛分娩取扱施設の一覧は,以下の厚生労働省ウェブサイトを御覧ください。

小児・周産期医療について(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

医療政策課地域医療第一班

宮城県仙台市青葉区本町3-8-1

電話番号:022-211-2622

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は