ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

当番医受診のマナー

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新
  • 休日・夜間の当番医は、急な病気やケガの方が対象で、命には別状のない患者さんのための救急外来です。夜間外来ではありません。
  • 日中から具合が悪い方は、診療時間内にかかりつけ医を受診しましょう。
    夜間の車での移動は体にも負担がかかります。
  • 翌日まで様子をみても大丈夫な方や、持病の定期通院など、急を要さない方は日中の診察時間内にかかりつけ医を受診して下さい。
  • 急を要するものか翌日まで様子をみてもよいのか迷う場合は、受診する前に当番医に問い合わせましょう。 
  • 持病をお持ちの方は「日中の受診よりも、当番医を受診した方が待たずに診察が受けられるのではないか?」との理由で安易に当番医を受診するのはやめましょう。その行動が混雑を招きます。
  • 持病をお持ちの方は、夜間休日に具合が悪くなった際の対応や受診のめやすをかかりつけ医に聞いておきましょう。