ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ツブ貝の喫食に伴う食中毒の予防について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月30日更新

ツブ貝※の中には、唾液腺にテトラミン(毒素)を蓄積するものがあり、その部位を除去せずに食べると、頭痛、めまい、視覚症状、嘔吐などの中毒症状があらわれることがあります。
ツブ貝を販売・提供する場合、消費者が自ら調理をする場合は、下記事項に留意願います。

  • ツブ貝を処理する場合は、テトラミン(毒素)が蓄積する可能性のある唾液腺を確実に除去し、十分に水洗いをしてください。リンク:殻付きツブの食べ方知っていますか?(→仙台市HPへ) 
  • 事業者がツブ貝を殻付きのままあるいは加工せず販売する場合は、購入者に対し当該部位の処理方法について適切に説明願います。

 (注)※ ツブ貝という呼称は広義,狭義さまざまに用いられるが,ここではエゾボラモドキ,ヒメエゾボラ等の主にエゾバイ科に属する巻貝の総称とする。これらの貝に蓄積しているテトラミンの量は,貝の種類や個体によって異なるが、1個分の唾液腺でも食中毒を起こすのに十分な量のテトラミンを含んでいることがあり,季節による毒量の変化はなく,加熱しても分解されにくいと言われている。
  またバイ(貝)として販売されることの多いバイ科の小型巻貝(Babylonia japonica)の内臓(中腸腺)には,テトラミンとは別に,口渇,視力減退,瞳孔散大,言語障害などを引き起こすネオスルガトキシン,プロスルガトキシン等の毒素が蓄積することがあるため,同様に適切に除去,処理すること。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。