ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

毒きのこについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月4日更新

 植物性自然毒による食中毒の大半は、毒きのこによるものです。
 毒きのこと食用きのこの区別は素人には難しく、長年きのこを採取している人でも、誤って毒きのこによる食中毒を起こすことがあります。

主な毒きのこ

 日本では、約1,500種類のきのこが知られています。そのうち、毒きのこは約20~30種類といわれ、その中でも比較的限られた種類の毒きのこによって食中毒が発生しています。

主な毒キノコの写真

スギヒラタケについて

 平成16年、新潟県や山形県において急性脳症を疑う事例が発生しました。これらの事例において、発症者は腎機能の低下の状態を有し、スギヒラタケの摂取があったとされています。
 これまでもスギヒラタケの摂取について、注意喚起をお願いしてきたところですが、引き続き、腎機能が低下していない方も含め、スギヒラタケの摂取を見合わせるようお願いします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)