ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水産技術総合センター/水産加工開発チーム業務内容

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

業務のご案内

 水産加工開発チームでは,水産加工に関する下記の取り組みを行っています。

  1. 水産物及び水産加工品に関する試験研究
  2. 水産加工に関する相談
  3. 水産加工公開実験棟の各種加工機器を活用した支援

加工相談

 原料の一次処理から加熱,包装までの多様な加工技術について,皆様の問題解決のお手伝いを行なっています。
また,食品加工に関する学術情報等も集約し,新商品開発等の支援に努めています。
>>>支援事例はこちら(URL:https://www.pref.miyagi.jp/site/gaiyou/kakou-gijyutsusien.html)

加工機器の利用

 水産加工公開実験棟内には,水産加工品の製造に関する機器があります。これらの機器は,企業の商品開発や,公益を目的とする試験研究などのために使用することができます。詳しくは,下記のパンフレット等をご覧ください。

加工機器の利用について [PDFファイル/193KB]

水産加工公開実験棟をご活用ください [PDFファイル/655KB]

水産技術総合センターの使用に関する規則 [PDFファイル/43KB](令和3年4月1日更新)

水産技術総合センター使用料条例 [PDFファイル/91KB]

※東日本大震災で被災した県内の水産加工業者又は漁業に従事している方に対する使用料減免措置については,令和3年3月31日をもって終了いたしました。

施設利用機器一覧申請書

加工品レシピの紹介について       

 水産加工開発チームでは,水産加工公開実験棟にある様々な加工機器を用いて,日々宮城県産水産物を原料とした加工品試作や加工相談を行っています。

 こちらでは当チームが試作した加工品レシピや家庭用レシピを県民や加工企業の皆様向けに随時紹介していきます。

 詳しくは下記をご覧ください!

水産加工開発チーム加工品レシピはこちら

水産加工開発チーム 公式Instagram(インスタグラム)について

  水産加工開発チームでは,事業成果の普及や水産加工公開実験棟の利用促進を図るため公式Instagram(インスタグラム)を始めました!

 事業内容や実験棟の利用方法だけでなく,日々試作している加工品レシピや実験棟が所有する加工機器等を随時紹介していきます!

  詳しくは下記をご覧ください!

水産加工開発チーム インスタグラムはこちら水産加工開発チーム インスタグラムQRコード

展示スペースの利用 

 水産加工公開実験棟では,施設内に展示スペースを設けており,展示実演会の会場として利用することができます。

展示スペースの利用について [PDFファイル/126KB]

施設利用申請書

水産加工公開実験棟

  〒986-0022  宮城県石巻市魚町2丁目2-3

  電話:0225-93-6703   FAX:0225-23-3213

  水産加工公開実験棟

  水産加工公開実験棟要覧 [PDFファイル/1.22MB]

ここからメインリンクです資料

  地域水産物の機能性成分[PDFファイル/1.1MB](魚類編)

  地域水産物の機能性成分[PDFファイル/11MB](貝類編)

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)