ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

狩猟税

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

 

 狩猟税は,猟銃・わな・空気銃等により狩猟をするために県から狩猟者の登録を受ける人に課税されるもので,鳥獣の保護や狩猟に関する費用にあてられる目的税です。

納める人

 狩猟者の登録を受ける人です。

納める額

猟の免許区分と税額の表
免許区分 狩猟税の税率税額
第一種銃猟(散弾銃・ライフル銃)県民税の所得割額の納付を要する者16,500円
県民税の所得割額の納付を要しない者11,000円
網猟県民税の所得割額の納付を要する者8,200円
県民税の所得割額の納付を要しない者5,500円
わな猟県民税の所得割額の納付を要する者8,200円
県民税の所得割額の納付を要しない者5,500円
第二種銃猟(空気銃・ガス銃)5,500円

申告と納税

 狩猟者の登録を受けるときに申告し,証紙徴収の方法で納税します。

有害鳥獣捕獲従事者に係る狩猟税の軽減措置

 有害鳥獣捕獲従事者の確保を目的として,次の軽減措置が平成31年3月31日まで実施されます。

  • 対象鳥獣捕獲員に係る狩猟者登録は非課税
  • 認定鳥獣捕獲等事業者の従事者に係る狩猟者登録は非課税
  • 有害鳥獣捕獲許可に基づく許可捕獲の従事者に係る狩猟者登録は税率2分の1に軽減