ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ゴルフ場利用税

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

 ゴルフ場の利用に対して課税されるものです。この税金の70%は,ゴルフ場の所在する市町村に交付されます。

納める人

 ゴルフ場を利用した人が,ゴルフ場の経営者を通じて納めます。

納める額

 ゴルフ場の等級により定められた額です。(330円から1,200円までの12段階です。)

非課税

 次の方の利用については非課税となりますので,証明できる書類をご持参ください。

非課税対象者と持参していただく証明書類の一覧の表
 対象者利用するときに提示または提出する書類
年齢18歳未満の人又は年齢70歳以上の人運転免許証・旅券・写真付き住民基本台帳カード・健康保険証 等(提示)
障害者身体障害者手帳・精神障害者福祉手帳等(提示)
学生・生徒(教育活動としての利用)教育活動であることを学校が証明した書類及び利用者の名簿(提出)
国民体育大会及びその予選会に参加する選手

課税免除

 国民体育大会及びその予選会に係る指定された練習日における選手の利用については,課税が免除されます。
 (大会主催者が申請し,承認を受けた場合に限ります。)

税額の軽減

 次の方の利用については,納める額が2分の1に軽減されます。
 (利用料金が一定以上軽減されている等の要件を満たしているゴルフ場に限ります。)

税額軽減対象者と提示又は提出していただく書類等の一覧の表
対象者 利用するときに提示又は提出する書類等
年齢65歳以上の人運転免許証・旅券・写真付き住民基本台帳カード・健康保険証 等(提示)
早朝・薄暮等に利用する人
知事が定める競技会に出場するプロ以外の人
幼稚園の園児を引率する教員(保育活動としての利用)保育活動であることを園長が証明した書類及び利用者の名簿(提出)

申告と納税

 ゴルフ場の経営者が,毎月分を翌月の15日までに申告し,納税します。