ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

産業廃棄物税

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月7日更新

 宮城県では,産業廃棄物の発生の抑制,減量化,再生利用,その他適正な処理に関する施策に要する費用に充てるため,法定外目的税である産業廃棄物税を課税しています。

課税対象

 県内における産業廃棄物の最終処分場への搬入

納税義務者

 排出事業者(中間処理業者を含む。)

課税標準

 産業廃棄物の最終処分場への搬入重量

税率

 1トンにつき1,000円

徴収方法

 最終処分業者による特別徴収(ただし,自社処分の場合は排出事業者による申告納付)
 3か月ごとの申告納入(納付)

使途

  1. 産業廃棄物の発生抑制,リサイクル促進に対する支援
  2. 環境・リサイクル産業の育成,振興
  3. 不法投棄防止等不適正処理対策の強化

課税期間

 施行日から5年

 平成27年4月1日から平成32年3月31日まで(平成27年2月27日に総務大臣同意)

産業廃棄物税を活用した事業について

 宮城県環境生活部循環型社会推進課のページをご覧ください。

イメージ図

産業廃棄物税納付の流れ図


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)