ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

風しん抗体検査を実施しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月6日更新

 風しん抗体検査を実施しています

妊娠中の女性が風しんにかかると,赤ちゃんに難聴や心疾患,白内障や緑内障などの障害(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。

県では,風しん抗体価の低い方へのワクチン接種の促進を図り,先天性風しん症候群の発生を防止するために,妊娠を希望する19~49歳の女性や,風しん抗体価が低い妊婦の同居者などを対象に県内の医療機関において風しん抗体検査を無料で実施しています。

 1 実施期間

   平成28年4月1日~平成29年3月31日

 2 対象者

宮城県内(仙台市を除く。)に居住し,風しん抗体検査及び風しんの予防接種のどちらも受けたことがなく,風しんにかかったことがない方で,次のいずれかに該当する方。

風しん抗体検査の対象者

  1. 妊娠を希望する19歳から49歳の女性
  2. 「風しんの抗体価が低いことが判明している妊婦」と同居している方
  3. 「風しんの予防接種歴があり,かつ,風しんの抗体価が低いことが判明している妊娠を希望する19歳から49歳までの女性」と同居している方

対象者の確認方法
対象者の確認方法について [PDFファイル/640KB]            

仙台市内の方

仙台市においても風しん抗体検査を行っています。仙台市にお住まいの方は,下記までお問い合わせください。

仙台市健康福祉局健康安全課感染症対策係 Tel 022-214-8029

 3 検査場所

検査を受けたい場合には、医療機関に受付日時等を事前にお問い合わせ下さい

  検査登録医療機関の表
区分医療機関リスト(平成28年12月現在) 
仙台市内医療機関一覧(仙台市内) [PDFファイル/527KB]
仙台市以外医療機関一覧(仙台市以外) [PDFファイル/480KB]

4 検査費用

無料

5 予防接種

抗体検査の結果,「抗体がない」もしくは「抗体が不十分」と判定された方は風しんの予防接種をご検討ください。
予防接種が推奨される風しん抗体価について [PDFファイル/886KB]

妊娠中の女性は予防接種が受けられないため,妊婦の周りにいる方(妊婦の夫,子ども,その他の同居家族等)は,風しんを発症しないように予防に努めてください。

なお,予防接種の費用は原則自己負担になりますが,予防接種費用を助成している市町村もあります。詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。
県内の各市町村担当リストはこちらをご覧ください [PDFファイル/120KB]

6 関連リンク

厚生労働省ホームページ(風しんについて


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)