ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 食と暮らしの安全推進課 > 動物の適正飼養及び動物愛護の推進

動物の適正飼養及び動物愛護の推進

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月16日更新

ペットに関すること

 動物愛護センターは,平成元年の設置以来、動物の適正飼養及び動物愛護の普及啓発の拠点となっています。また、各保健所・支所では、犬の適正飼養の指導を行うとともに、動物愛護行事を市町村・獣医師会等の協力を得て開催しています。

先頭点 動物の飼い主のルールについて

先頭点ペットは愛情をもって最後まで飼いましょう ~ペットの飼育を決める前によく考えましょう~

先頭点ペットには名札などをつけましょう ~犬には鑑札と注射済票の装着が義務づけられています~

先頭点糞の放置・鳴き声など近隣の迷惑を考えて飼いましょう ~ペットの排泄物は責任をもって処理をしましょう~

先頭点去勢・避妊手術をしましょう ~不幸な命は増やさないようにしましょう~

先頭点 犬はつないで散歩しましょう ~犬による人・動物などへの危害を防止しましょう~ 

飼い主のルール(遵守事項)は、動物の愛護及び管理に関する法律や動物の愛護及び管理に関する条例などで定められています。

動物適正飼養リーフレット(平成16年度版)動物適正飼養リーフレット(平成16年度版) PDF  動物適正飼養リーフレット(平成17年度版)動物適正飼養リーフレット(平成17年度版) PDF

先頭点 犬及びねこの引き取りについて 

 犬及びねこは、終生飼養するよう努めることが飼い主に求められていますが、やむを得ず飼えなくなった場合は、県内各保健所・支所(仙台市を除く)において,有料で引き取りを行っています。 引き取られた犬及びねこの一部は新しい飼い主へ譲渡されますが、多くは不幸にして致死処分されています。

保健所等で引き取ってもらう前に、もう一度、本当に手放さなくてはいけないのかを考え、また、新しいもらい手を探す等の努力も飼い主の責任です。

先頭点 飼い主のいない猫の不妊去勢事業について(不妊去勢手術に対する助成制度について)

 宮城県内(仙台市を除く)の飼い主のいない猫について不妊去勢を実施する場合,宮城県獣医師会による手術費用の一部助成制度があります。この制度に対して,宮城県は一部補助しています。

 地域における飼い主のいない猫は,適切な管理がされていないと,近隣の迷惑になってしまったり,無秩序な繁殖により不幸な命を増やしてしまいます。宮城県が引き取る動物の多くは,飼い主不明の仔猫です。

詳しくは公益社団法人宮城県獣医師会のホームページ

【 参考 】 (公社)宮城県獣医師会 飼い主のいない猫の不妊去勢事業実施要領

(→こちら)をご覧ください。 [PDFファイル/1.64MB]

先頭点 犬及びねこの譲渡について

 引き取った犬及びねこの中から、動物愛護センターでは譲渡会で新しい飼い主を希望者から募り、譲渡しています。譲渡を行うにあたっては、適正な飼養管理の方法について講習を実施しております。
詳細については

また,県が設置した保健所・支所からも譲渡しております。詳細は,各保健所・支所にお問い合わせください。

動物愛護団体等への譲渡については(

動物愛護センターホームページをご利用ください。 →こちら)をご覧ください。

動物を購入する際には

 「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)では、ペットショップなどの販売業者は、動物取扱業としての登録を行い、登録番号などを標示するとともに、販売時に動物の特徴や飼育方法、関係法令の規制などについて文書を交付して説明することが義務づけられています。ペットショップなどから購入する際には、このような点に十分留意され、動物愛護管理法を遵守している業者から購入してください。

 近年は、移動販売やネット販売など様々な販売形態が見受けられています。こうした販売形態には利点もあり、必ずしも全てが不適切というわけではありませんが、次のような課題点も指摘されていますので、購入時には十分留意されることをお奨めします。

移動販売

  • 顧客に対し、当該動物の特性について十分な説明がなされていないおそれが想定される。
  • 輸送及び展示により動物が狭いケージ内に長時間置かれるおそれもあり、生体に対して望ましくない場合が想定される。
  • 特定の店舗を持たないため、購入者に対するアフターフォローが困難な場合が想定される。

(環境省「中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会」審議資料より)

ネット販売
  • 顧客に対し、当該動物の特性について十分な説明がなされていないおそれが想定される。
  • 購入希望者が生体を目視確認することなく画面上で安易に購入するおそれが想定される。

(環境省「中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会」審議資料より)

 販売業者は販売に際して,あらかじめ購入者に対して現物確認,対面説明をすることが義務づけられています。購入する前にはしっかり説明を受け,その動物を自分の目で確認してください。

 また,犬や猫を飼うのに愛情はもちろん必要ですが、「かわいい」という気持ちだけでは生き物は飼えません。生態や習性を理解し、自分が最後まで責任を持って飼えるのか、飼い始める前によく考えましょう。

 動物を飼う際はペットショップやブリーダーなどから購入するのが一般的ですが、保健所などの動物保護施設や動物保護ボランティアなどからの入手も是非お考えください。

先頭点 特定動物(いわゆる危険な動物)について

 特定動物(いわゆる危険な動物)を飼養し、又は保管する場合、知事の許可が必要です。また、特定動物の種類及び特定飼養施設の構造・規模,特定動物の飼養又は保管の方法等については下記のとおりです。

特定動物の種類について(環境省ホームページへリンクします) 区切り点(HTML) 特定動物の種類及び特定飼養施設の構造・規模について(環境省ホームページへリンクします) 区切り点(PDF) 特定動物の飼養又は保管の方法の細目(環境省ホームページへリンクします) 区切り点(PDF)   

 先頭点 詳細は各保健所・支所窓口にお問い合わせください。 

保健所名所 在 地電話番号
FAX番号
所管区域
仙南保健所〒989-1243(大河原合同庁舎内)
 柴田郡大河原町字南129-1
0224-53-3117
0224-53-3131
白石市、角田市、蔵王町、七ヶ宿町、大河原町、村田町、柴田町、川崎町、丸森町
塩釜保健所〒985-0003
塩竃市北浜4丁目8-15
022-363-5505
022-367-6930
塩釜市、多賀城市、松島町、七ヶ浜町、
利府町
塩釜保健所
 岩沼支所
〒989-2432
 岩沼市中央3丁目1-18
0223-22-6294
0223-24-3525
名取市、岩沼市、亘理町、山元町
塩釜保健所
 黒川支所
〒981-3304
 富谷町ひより台2丁目42-2
022-358-1111
022-358-1110
大和町、大郷町、富谷町、大衡村
大崎保健所〒989-6116(大崎合同庁舎内)
 大崎市古川旭4丁目1-1
0229-87-8001
0229-22-9449
大崎市、色麻町、加美町、涌谷町、美里町
栗原保健所〒987-2251(栗原合同庁舎内)
 栗原市築館藤木5-1
0228-22-2115
0228-22-7019
栗原市
登米保健所〒987-0511(登米合同庁舎内)
 登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
0220-22-6120
0220-22-6175
登米市
石巻保健所〒986-0812(石巻合同庁舎内)
 石巻市東中里1丁目4-32
0225-95-1475
0225-94-8982
石巻市、東松島市、女川町
気仙沼保健所〒988-0066
 気仙沼市東新城3-3-3
0226-22-6615
0226-24-4901
気仙沼市、南三陸町

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)