ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報補助金等環境生活部宮城県文化芸術の力による心の復興支援助成金について

宮城県文化芸術の力による心の復興支援助成金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月27日更新

 本事業は,東日本大震災による本県の被災者が,他者とのつながりや,生きがいをもって前向きに生活することができるよう,文化芸術を活用した被災者支援事業に要する経費について,その実施主体に対し助成を行うものです。


新着情報

【平成29年4月27日】 平成29年度の事業募集を開始しました

 


平成29年度の事業募集について

チェック 平成29年度 宮城県文化芸術の力による心の復興支援助成金 募集要項 [PDFファイル/263KB]

チェック 宮城県文化芸術の力による心の復興支援助成金交付要綱 (平成29年4月26日改正) [PDFファイル/276KB]

1 募集期間

平成29年4月27日(木曜日)から平成29年5月23日(火曜日)午後5時まで【必着】

2 助成対象事業等

助成対象事業一覧
事業
区分

タイプ1

タイプ2

タイプ3タイプ4

ものづくり体験や,体を動かすミニコンサートなど,文化芸術を活用した継続性のあるワークショップ型事業

活動成果の発表の場を伴うなど,文化芸術を活用した継続性のあるイベント型事業又はプロジェクト推進型事業で,参加者見込実人数の総数が概ね100人以上となる事業

演劇,コンサート,落語,朗読などの鑑賞型事業又は文化芸術を活用した一過性のワークショップ型事業

芸術家等の個人が行う,文化芸術を活用した被災者支援事業
条件

事業区分別条件

(1)  被災者が主体的に参加し,人と人とのつながりや生きがいを持つための取組であること。

(2)  原則,被災者が継続的に参加できるものであることを基本とし,一過性の取組でないこと。ただし,被災地域内の各地域で多くの取組を行うものについては,必ずしも一か所当たり複数回の実施を要するものではないこと。

被災者の心の癒しや参加者同士の交流につながるなど,心の復興への効果が期待される取組であること。
共通条件

(1) 多くの被災者及び関係する地域住民等の参加が見込まれる取組であること。

(2) 被災者のニーズに対応した取組であること。

(3) 国及び宮城県以外の地方公共団体が行う被災者支援総合事業(「心の復興」事業)の補助を受けていない事業であること。

(4) 事業の主たる内容を一括して外部に委託する事業でないこと。

事業
実施主体

特定非営利活動法人,公益法人,社会福祉法人,学校法人,協同組合その他の民間非営利組織,独立行政法人,学校,企業,ボランティア団体,地縁組織等の任意団体

芸術家等の個人

助成額

上限 15万円

ただし,事業実施の効果が特に高いと見込まれる事業の場合,上記の上限額に知事が認めた額を加算する。加算額は15万円を上限とする。

上限 200万円

ただし,事業実施の効果が特に高いと見込まれる事業の場合,上記の上限額に知事が認めた額を加算する。加算額は150万円を上限とする。

上限 20万円上限 15万円
助成率

10/10

※ 「タイプ3」及び「タイプ4」は,今年度に新設したものです。

3 対象経費

助成の対象となる経費

費目

内容留意事項
報酬臨時的な役務に対する委員報酬(団体理事,役員報酬)など

事業実施のために従事した期間のみを対象とし,一人あたりの人件費については,当該従事者の職責及び活動内容を勘案の上,原則として,下記の金額を上限とすること。

(1) スタッフ(管理的業務・常勤)
  上限 時間単価 2,000 円

(2) スタッフ(管理的業務以外・常勤)
  上限 時間単価 1,500 円

(3) アルバイト(時間単位)
  上限 時間単価 1,200 円

賃金報酬以外の常勤職員等に対する給料など
共済費報酬,賃金に係る社会保険料など
報償費講師や出演者等への謝金など

講師等の専門性を勘案し,原則として,下記の金額を上限とすること。

(1) 大学教授級
  上限 1 時間7,900 円

(2) 大学講師級(上席研究員・上席調査員)
  上限 1 時間5,100 円

(3) 研究員・調査員
  上限 1 時間4,600 円

旅費旅行に要する経費

実費を基本とすること。

需用費

活動にかかわる消耗品費,ガソリン代等の燃料費,交流サロンでの茶菓代等の食糧費,チラシ・ポスター等の印刷製本費など

食糧費は,1回の活動につき,参加者1人当たり500円(税抜き)を上限とすること。

役務費

通信運搬費,広告料,振込手数料,保険料など

 

委託料

外部への業務の一部委託に要する費用など

 
使用料

会場使用料,高速道路通行料など

 
賃借料

土地,駐車場,機材等の賃借料など

 
備品購入費活動にかかわる備品など

原則として賃借やリースで対応することとし,購入を行う場合は,事業の趣旨に合致するとともに,事業の実施に真に必要不可欠であること。

〈注〉 次に掲げる事項に該当する経費は,助成対象経費とはなりません。

1 事業の実施主体となる団体等の運営に必要な経常的な経費
2 助成対象期間以前に支出した経費
3 助成対象事業を実施するために直接必要とは認められない経費
4 机・イス・書庫・パソコン・カメラ等,汎用性が高く,かつ,事業年度(1年)以上にわたりその形状を変えずに繰り返し使用できるものの購入に係る経費
5 弁当代,記念品代,お土産代,商品代等の個人給付に係る経費
6 補助事業に参加する被災者等への謝金
7 情報システム等の開発や購入に係る経費

4 助成対象期間

 事業の交付決定をした日から,平成30年3月31日までの範囲内(平成29年度中)とします。ただし,事業実施上,必要と認められる場合には,平成29年4月1日から交付決定日までの期間についても対象とすることがあります。

5 応募書類

 タイプ毎に以下の書類を作成してください。作成に当たっては,募集要項及び各応募書類の様式に記載された留意事項に従ってください。

応募書類一覧
タイプ1,2

(1) 助成金交付申請書(様式第1号) [Wordファイル/23KB]
(2) 助成金所要額明細書(様式第2号) [Excelファイル/24KB]
(3) 事業計画書(様式第3号(表紙)・(1)・(2)・(4)) [Excelファイル/90KB]
(4) 
事業計画書(様式第3号(3)) [その他のファイル/70KB]
(5) 収支計画書(様式第4号) [Excelファイル/42KB]
(6) 支援団体等概要(様式第5号) [Wordファイル/28KB]
(7) 支援団体等の定款又は規約等の団体の運営規約に相当するものの写し
(8) 支援団体等の役員名簿
(9) 団体等の主たる事務所の所在地が本県以外である場合は,主たる事務所の所在する都道府県若しくは市区町村,又は主たる活動地域の所在する市区町村から交付された推薦書 [Wordファイル/23KB]を添付してください。(※タイプ2のみ)

タイプ3

(1) 助成金交付申請書(様式第1号の2) [Wordファイル/23KB]
(2) 助成金所要額明細書(様式第2号) [Excelファイル/24KB]
(3) 事業計画書(様式第3号の2) [Excelファイル/28KB]
(4) 収支計画書(様式第4号) [Excelファイル/42KB]
(5) 支援団体等概要(様式第5号) [Wordファイル/28KB]
(6) 支援団体等の定款又は規約等の団体の運営規約に相当するものの写し
(7) 支援団体等の役員名簿

タイプ4

(1) 助成金交付申請書(様式第1号の3) [Wordファイル/23KB]
(2) 助成金所要額明細書(様式第2号) [Excelファイル/24KB]

(3) 事業計画書(様式第3号の2) [Excelファイル/28KB]
(4) 収支計画書(様式第4号) [Excelファイル/42KB]
(5) 履歴書(様式第5号の2) [Wordファイル/25KB]
(6) 本人確認書類 〈注2〉

〈注1〉 タイプ1,2,3の応募団体が複数の団体から構成されている場合,(5)~(7)の書類は全ての構成団体のものを提出してください。

〈注2〉 本人確認書類は,次に掲げる氏名及び住所が確認できる以下の書類を提出してください。

1 運転免許証のコピー(裏面に変更情報の記載がある場合は両面とも)
2 パスポートのコピー(顔写真と現住所の両ページ,日本国発行のものに限る)
3 各種健康保険証のコピー(カードタイプは両面とも)
4 個人番号カード(マイナンバーカード)の「顔写真」がある表面のコピー
 ※ 個人番号(マイナンバー)の「通知カード(顔写真なし)」は本人確認書類の対象になりません。
5 住民票の写し(6カ月以内の発行日が印字されているもので個人番号(マイナンバー)の記載がないもの)
6 在留カードまたは特別永住者証明書のコピー(両面とも)

6 応募方法

 応募書類提出先に,応募書類1部を持参又は郵送により提出してください。併せて,応募書類の電子データを,電子メール(syoubunb@pref.miyagi.lg.jp)でも提出してください。

 持参により提出する場合には,平日の午前9時から午後5時までの間に限り受け付けます。また,郵送により提出する場合には,平成29年5月23日(火曜日)午後5時までに到着したものに限り受け付けます。

7 応募書類提出先

〒980-8570 仙台市青葉区本町三丁目8番1号

宮城県 環境生活部 消費生活・文化課 文化振興班

(電話:022-211-2527)

8 応募事業の審査及び選定

応募された事業について審査委員会での選定を経て,予算の範囲内で交付決定します。
なお,必要に応じ,資料の追加提出やヒアリング等を求める場合があります。

審査のポイント

必要性

・被災地の復興,被災者支援にとって必要性(ニーズ)が高い取組か。

有効性

・被災者自身が主体的に参画し,活動する機会の創出を図る取組か。(※タイプ1,2のみ)
・取組内容及び参加人数等から,心の復興(人と人とのつながり,生きがいづくり,心の癒しなど)への効果が期待できる取組か。
・地域と連携が取れた取組か。

実現性

・事業を適切に実施できるスタッフ,体制を有して行われる取組か。
・無理のないスケジュールになっているか。
・事業終了後も普及,発展の可能性が見込める内容か。(※タイプ1,2のみ)

経済性

・経費の積算は適正で,事業の適切な執行が期待できるか。
・事業に要する費用と目的・効果とのバランス(費用対効果)はとれているか。

〈注〉 タイプ3,4については,沿岸14市町及びこれらの市町の仮設住宅・復興公営住宅を擁する近隣市町の施設等で行われる取組を優先して採択します。

 

これまでの採択事業

平成28年度宮城県文化芸術の力による心の復興支援助成金交付決定事業一覧 [PDFファイル/184KB]

 


交付要綱・様式

宮城県補助金等交付規則 [PDFファイル/167KB]

宮城県文化芸術の力による心の復興支援助成金交付要綱 (平成29年4月26日改正) [PDFファイル/276KB]

助成金交付申請書(様式第1号) タイプ1,2申請用 [Wordファイル/23KB]
助成金交付申請書(様式第1号の2) タイプ3申請用 [Wordファイル/23KB]
助成金交付申請書(様式第1号の3) タイプ4申請用 [Wordファイル/23KB]
助成金所要額明細書(様式第2号) [Excelファイル/24KB]
事業計画書(様式第3号(表紙)・(1)・(2)・(4)) タイプ1,2申請用 [Excelファイル/90KB]
事業計画書(様式第3号(3)) タイプ1,2申請用 [その他のファイル/70KB]
事業計画書(様式第3号の2) タイプ3,4申請用 [Excelファイル/28KB]
収支計画書(様式第4号) [Excelファイル/42KB]
支援団体等概要(様式第5号) タイプ1,2,3申請用 [Wordファイル/28KB]
履歴書(様式第5号の2) タイプ4申請用 [Wordファイル/25KB]
助成事業変更申請書(様式第6号) [Wordファイル/23KB]
助成事業中止(廃止)申請書(様式第7号) [Wordファイル/23KB]
助成事業遂行状況報告書(様式第8号) [Wordファイル/23KB]
事業実績報告書(様式第9号) [Wordファイル/23KB]
助成金実績調書(様式第10号) [Excelファイル/20KB]
事業成果報告書(様式第11号) [Excelファイル/19KB]
収支決算書(様式第12号) [Excelファイル/20KB]
助成金概算払請求書(様式第13号) [Wordファイル/24KB]
助成金額の確定に伴う請求書(様式第14号) [Wordファイル/24KB]
消費税額及び地方消費税額の額の確定に伴う報告書(様式第15号) [Wordファイル/23KB]
取得財産等管理明細表(様式第16号) [Wordファイル/23KB]
収益状況報告書(様式第17号) [Wordファイル/23KB]

 


参考:国の要綱等

〈復興庁〉 被災者支援に関する施策

〈復興庁〉 被災者支援総合交付金実施要綱・実施要綱(様式)

〈復興庁〉 被災者支援総合交付金交付要綱・交付要綱(様式)

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)