ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす産業人材対策課宮城県の職業能力開発について

宮城県の職業能力開発について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月5日更新

職業能力開発施設とは?

県立の職業能力開発(職業訓練)施設が,宮城県内に5校設置されています。

また,障害者の職業自立のための施設として,宮城障害者職業能力開発校が国立県営で設置されています。

職業訓練は,新たに学校を卒業された方,求職中の方及び転職を希望されている方に,訓練を通じて仕事に必要な知識や技能を身につけていただくことを目的として実施しています。

なお,職業能力開発施設は,学校教育法に基づく学校や各種学校,専修学校(専門学校,高等専修学校など)とは異なります。

校名をクリックすると各校のホームページへジャンプします。                                                                   

宮城県が運営している職業能力開発施設一覧の表

校名 

郵便番号

所在地

電話番号

ファクシミリ番号

白石高等技術専門校989-1102白石市白川津田字新寺前5-10224(35)15110224(27)2110
仙台高等技術専門校983-0021仙台市宮城野区田子1-4-1022(258)1151022(258)5152
大崎高等技術専門校989-6134大崎市古川米倉字上屋敷510229(22)13570229(22)8627
石巻高等技術専門校986-0853石巻市門脇字青葉西27-10225(22)17190225(94)7399
気仙沼高等技術専門校988-0812気仙沼市大峠山1-1740226(22)70680226(22)3410
宮城障害者職業能力開発校981-0911仙台市青葉区台原5-15-1022(233)3124022(233)3125

公共職業訓練とは?

普通職業訓練

県立の各高等技術専門校や宮城障害者職業能力開発校で行っている訓練です。

次のように「普通課程」と「短期課程」があります。

なお,これら県営の施設の他に独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構宮城センター(宮城職業能力開発促進センター)でも行っています。

普通課程

高校などを新規に卒業された方を始めとした若年者向けに,将来多様な知識・技能を持った労働者となるために必要な技能や知識の習得を目指した訓練です。

訓練期間は,1年あるいは2年間です。

県立高等技術専門校及び宮城障害者職業能力開発校で行っている「普通課程の募集方法」についてお知らせします。

短期課程

職業転換を必要とする離職者や転職者の方々向けに早期の就職を目指して,技能と知識を習得いただく訓練です。

訓練期間は,主に1年未満の短期間の訓練となります。

また,在職者(既に仕事に就いている方)の方に,新たな技能を身につけてもらったりあるいは,技能の向上を図る訓練も実施しています。

訓練期間は,数日間程度です。

県立高等技術専門校及び宮城障害者職業能力開発校で行っている「短期課程(求職者向けの訓練)の募集方法」についてお知らせします

県立高等技術専門校及び宮城障害者職業能力開発校で行っている「短期課程(在職者向けの訓練)の募集方法」については各高等技術専門校又は宮城障害者職業能力開発校のホームページをご覧ください。

高度職業訓練

本県では,独立行政法人雇用・能力開発機構が設置した東北職業能力開発大学校(栗原市)で行っている職業訓練です。

「専門課程」・「応用課程」・「専門短期課程」・「応用短期課程」があります。

専門課程

主に高卒者向けに,将来職業に必要な高度の技能・知識を有する労働者となるために必要な技能や知識の習得を目指した訓練です。

応用課程

専門課程修了者や社会人で同等以上の技能・知識を有する方向けに,生産現場のリーダーとなるために必要な高度の技能・技術や企画・開発能力などの習得を目指した訓練です。

専門短期課程

高度の技能を有する在職労働者向けに,その職業に必要な新たな技能を身につけてもらい技能の向上を図ることを目指した訓練です。

応用短期課程(※現在は実施していません。)

高度で専門的かつ応用的な技能を有する在職労働者向けに,その職業に必要な新たな技能を身につけてもらい技能の向上を図ることを目指した訓練です。