ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農林水産業全般 金融支援農林水産業制度金融農業制度資金|スーパーS資金(農業経営改善促進資金)

農業制度資金|スーパーS資金(農業経営改善促進資金)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

農業経営基盤強化促進法に定める農業経営改善計画等に基づき効率的・安定的な経営体を目指す農業者(認定農業者)に対して計画達成に必要な運転資金を総合的に融通することにより、農業者の計画達成を支援するための資金です。

資金使途

計画達成に必要な下記に係る運転資金。

  • 種苗代、肥料代、飼料代、雇用労賃等の直接的現金経費
  • 肉用素畜、中小家畜等の購入費
  • 小農具等営農用備品、消耗品等の購入費
  • 営農用施設・機械の修繕費
  • 地代(賃借料)及び営農用施設・機械のリース・レンタル料
  • 生産技術、経営管理技術の修得費
  • 市場開拓費、販売促進費等

貸付対象者

認定農業者であって、以下の要件を満たす者。

  • 簿記記帳を行なっている(行なうことが確実と見込まれる場合を含む)
  • 農業経営改善計画が、短期運転資金を必要とする具体的な事業を内容としているものであること
  • 具体的な改善措置について、認定後すでに実施に着手し、又は認定を受けた年度において実施に着手することが確実であると認められること
  • 農業経営改善計画又は資金利用申込書において、既往借入金の返済財源が確保されていること

融資機関

農業協同組合

貸付条件

極度額

極度額の表
 一般経営畜産・施設園芸経営
個人500 万円

2,000万円

法人2,000万円

8,000万円

貸付方式

極度貸付方式による当座貸越又は手形貸付。

貸付利率

最新の金利はこちらからご確認下さい。

借入期間

農業経営改善計画の期間内で借り入れを行うことができます。

償還期間

手形貸付にあっては1年以内、当座貸越にあっては1年程度の当座貸越契約期間内です。
ただし、農業経営改善計画期間中は、有効に決定される極度額の範囲内で借換えを行うことができます。