ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > 求道の画家 岸田劉生と椿貞雄

求道の画家 岸田劉生と椿貞雄

展覧会のご案内

日本近代洋画の青春時代に、ひたむきに絵画を追究した二人の画家、
岸田劉生と椿貞雄の展覧会。
劉生の麗子像、椿貞雄の120号の大作を含む約170点を展示。


岸田劉生(1891~1929)は、東京の銀座に生れました。劉生ははじめ白馬会洋画研究所で黒田清輝に油彩画を学びましたが、文芸誌『白樺』をとおして後期印象派の洗礼を受け、1912(大正元)年、若い画家たちとヒユウザン会を興しました。しかしそうした新しい絵画表現のみに満足しなかった劉生は1915(大正4)年、草土社を結成、その求道者的な独特の写実表現が、青年画家たちに影響を与えます。

一方、椿貞雄(1896~1957)は、山形県米沢市に生れました。早逝した兄の影響で水彩画を始めた椿はやがて画家を志し、1914(大正3)年、18歳の時に上京。劉生の個展を見て感銘を受け、彼のもとに入門しました。そして19歳で草土社の創立同人となり、劉生が鵠沼に転居すると、自身も移り住んで行動をともにするなど、草土社のなかでもとりわけ劉生の身近にあって、彼の影響を強く受けたひとりです。

本展覧会は、二人の関わりや、劉生没後の椿の展開にも光をあてます。二人の画業をあわせて紹介することは、それぞれの個性を立体的に浮かび上がらせると同時に、日本近代美術の青春時代の息吹を感じさせることともなるでしょう。

劉生の麗子像や椿の120号の大作といった油彩画の代表作に加え、二人の日本画も紹介。約170点を展示します。大正期を代表する画家の一人である岸田劉生、そして東北ゆかりの画家でもある椿貞雄の二人とも、当館では初めての展覧会開催となります。是非この機会に、ご覧下さい。

 

展覧会概要
会期2018年1月27日(土)- 3月25日(日)
休館毎週月曜日(ただし2月12日は開館)、2月13日(火)
料金一般1000円、学生800円、小・中・高校生500円
前売券・団体料金 (20名以上)一般800円、学生600円、小・中・高校生350円
前売券販売所2018年1月26日(金)まで販売
宮城県美術館、藤崎、仙台三越、
ローソンチケット(Lコード:21669)、セブンチケット、
宮城県庁1階売店、みやぎ生協共同購入部、コープふくしま共同購入部
主催宮城県美術館、河北新報社
後援仙台市教育委員会、NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、エフエム仙台
企画協力公益財団法人 日動美術財団、米沢市上杉博物館

 

展示構成

1章 出会い―ともに
作品の画像作品の画像
椿貞雄《赤土の山》1915年
米沢市上杉博物館

岸田劉生《古屋君の肖像(草持てる男の肖像)》
1916年 東京国立近代美術館

作品画像作品画像

岸田劉生 《童女図(麗子立像)》 1923年
神奈川県立近代美術館

椿貞雄《菊子座像》1922年
平塚市美術館
2章 劉生と椿の日本画
作品の画像作品の画像

岸田劉生《寒山風麗子像》
1922-23年 笠間日動美術館

椿貞雄《静物(百果図)》1955年
山形美術館

3章 劉生死す-椿の展開
作品の画像作品の画像
椿貞雄《髪すき図》1931年
東京国立近代美術館

椿貞雄《冬瓜茄子図》1942年
山形美術館

作品の画像作品の画像

椿貞雄《雪の妙義山》1945年
宮城県美術館

椿貞雄《孫二人》1956年
米沢市上杉博物館

関連事業

講演会「二人の愛情の画家 劉生と椿」

概要
講師加藤千明氏(山形美術館顧問)
日時2月11日(日)午後2時~
会場講堂
その他入場無料

ミュージアム・コンサート
「東彩子&佐々木大芽 バルトーク:44のDUO(2台のヴァイオリンのための)」

岸田劉生と椿貞雄 このたぐいまれな師弟愛に
椿の孫 東彩子が愛弟子と共に2台のヴァイオリンで音楽を捧ぐ

概要
日時3月17日(土)午後2時~3時
会場エントランスホール
その他入場無料(整理券配布 午後12時)

チラシ表 チラシ裏

チラシ表 [PDFファイル/3.98MB]  チラシ裏 [PDFファイル/6.62MB]

まちなか美術講座
「求道の画家 岸田劉生と椿貞雄―その情熱と友情」

概要
講師加野恵子(当館副主任研究員)
日時3月10日(土)午後1時30分~
会場東北工業大学一番町ロビー 2階ホール(仙台市青葉区一番町1-3-1 TMビル)
その他入場無料
まちなか美術講座について

当館学芸員による展示解説

概要
日時1月27日(土)、2月3日(土)、2月17日(土)、2月24日(土)、3月3日(土)、3月24日(土)
各日とも午後2時~
会場展示室3・4
その他2階展示室入口集合、要観覧券

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)