ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > コレクション再発見  東北の作家たち|洋画/版画

コレクション再発見  東北の作家たち|洋画/版画

宮城県美術館は平成28年で35周年を迎えました。この展覧会は、当館がこれまで収集してきた作品の中から、宮城県及び東北地方にゆかりのある作家の作品のみに焦点をあてて構成し紹介する、初めての展覧会です。


 

展覧会概要
会    期2017年4月29日(土・祝)- 7月17日(月・祝)
休    館毎週月曜日(ただし5月1日,7月17日は開館)
料    金一般800円,学生400円,高校生以下無料
※前売券,20名以上の団体は通常料金の200円引
前売券販売所2017年3月18日から4月28日まで販売
宮城県美術館、藤崎、仙台三越、
セブンチケットhttp://www.sej.co.jp/prosucts/tickets/
チケットぴあ(Pコード 768-279)、ローソンチケット(Lコード 22697)
主    催宮城県美術館
後   援仙台市教育委員会、NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、エフエム仙台

関連事業

ミニ・レクチャー + ディスカッション「美術館の『コレクション』をめぐって」

概要
登壇者荒木康子(福島県立美術館学芸課長)
岡部信幸(山形美術館副館長)
吉田尊子(岩手県立美術館学芸普及課長)
和田浩一(宮城県美術館学芸部長)
日時6月11日(日)午後2時~午後4時
会場当館講堂
その他聴講無料

学芸員による展示解説

概要
講師当館学芸員
日時4月30日(日)、6月4日(日)、7月9日(日)
各日とも午後2時~
会場2階展示室
その他入場には観覧券が必要です。
会場入り口にお集まりください。

まちなか美術講座「コレクションの、再発見」

概要
講師和田浩一(当館学芸部長)
日時5月20日(土)午後1時30分~午後3時
会場東北工業大学一番町ロビー 2階ホール
その他聴講無料

 

展覧会のみどころ

第1章 東北のモダニズム 

第1章「東北のモダニズム」では,主として大正から昭和戦前期までの作品によって,
近代美術が生成する過程を東北の作家の中に探ります。
(松本竣介・広幡憲・杉村惇・中野和高ほか)
 

出品作品
松本竣介《郊外》1937年中野和高 《無題》 1930年
松本竣介 《郊外》 1937年中野和高 《無題》 1930年
広幡憲 《39×QE》 1939年杉村惇 《春近き河岸》 1950年
広幡憲  《39×QE》 1939年杉村惇 《春近き河岸》 1950年

第2章 版画と東北 

第2章「版画と東北」では,何人もの優れた作家を輩出した,東北の版画を紹介します。
(棟方志功・勝平得之・今純三・大泉茂基ほか)
 

出品作品
棟方志功 《富樓那の柵》 1939年大泉茂基 《男の顔》 1955年
棟方志功 《富樓那の柵》 1939年大泉茂基 《男の顔》 1955年

第3章 8人の作家 

第3章「8人の作家」では,様々な特徴を持つ8人の作家を,まとまった点数の作品によって紹介します。
(大沼かねよ・大宮政郎・小野皓一・菅野聖子・斎藤義重・高山登・宮城輝夫・百瀬寿)

出品作品
小野皓一 《Destroying Squares on Canvass-Fire》 1995年大沼かねよ 《シューズクリーニングショップ》 1933年
小野皓一
《Destroying Squares on Canvases-Fire》 1995年
 
大沼かねよ
《シューズ・クリーニング・ショップ》 1933年
寄託作品
斎藤義重 《四つ折り》 1965年宮城輝夫 《毛の目の漢たち》 1960年
斎藤義重 《四つ折り》 1965年宮城輝夫 《毛の目の漢たち》 1960年