ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす統計課平成28年経済センサス-活動調査確報集計結果〈宮城県の概要〉

平成28年経済センサス-活動調査確報集計結果〈宮城県の概要〉

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月15日更新
 
 データを使用する際にはこちら↓をご覧ください。

 

注意

 

産業横断的集計についてはこちら↓  

利用に当たって [PDFファイル/728KB]

産業別集計〈宮城県の卸売業,小売業〉 についてはこちら↓

利用に当たって [PDFファイル/561KB]

平成30年11月15日更新

産業横断的集計

平成28年経済センサス-活動調査 確報集計結果〈産業横断的集計〉

-主要項目の動き-

1 事業所数は10万2,026事業所(事業内容等の不詳事業所を含む。)で,前回(平成24年経済センサス-活動調査)と比べると,3,836事業所,3.9%の増加となっている。

2 従業者数(男女別の不詳を含む。)は100万6,886人で,前回と比べると,5万1,106人,5.3%の増加となっている。

3 産業大分類別の売上(収入)金額(注:把握方法の相違から表章していない産業がある。)は「卸売業,小売業」で12兆5,067億円,「製造業」で4兆2,138億円,「医療,福祉」で1兆8,550億円などとなっている。

4 産業大分類別の付加価値額は「卸売業,小売業」で1兆3,697億円,「製造業」で7,025億円,「建設業」で6,533億円,「医療,福祉」で4,583億円などとなっている。

5 沿岸部・内陸部の東日本大震災後の状況
(1) 沿岸部の事業所数は4万345事業所で,東日本大震災から1年後の平成24年に比べ,2,380事業所の増加(6.3%増),内陸部は6万1,681事業所で1,456事業所の増加(2.4%増)となった。
増加率で震災前の平成21年と比べると,全国(10.0%減),県計(8.4%減)ともに減少しており,沿岸部(16.5%減),内陸部(2.1%減)でも減少となっている。

(2) 沿岸部の従業者数は39万2,129人で,平成24年に比べ2万7,649人の増加(7.6%増),内陸部は61万4,757人で2万3,457人の増加(4.0%増)となった。
増加率で震災前の平成21年と比べると,全国(2.7%減),県計(2.5%減)ともに減少しており,沿岸部も7.7%の減少となったが,内陸部では1.2%の増加となっている。

  1. 表紙・利用に当たって [PDFファイル/706KB]
  2. 調査結果の概要 [PDFファイル/1.81MB]
  3. 分析表 [PDFファイル/1.26MB]
  4. 統計表 [PDFファイル/1.06MB]
  5. 付録(調査事項)・裏表紙 [PDFファイル/585KB]

 「3.分析表」,「4.統計表」のエクセルファイルはこちら [Excelファイル/486KB]

※ 1~5を一括して印刷する場合はこちら(両面印刷) [PDFファイル/3.75MB]

全国及び他都道府県の調査結果についてはこちらから(総務省統計局のホームページへリンクします)

 

 

 

平成30年7月24日更新

産業別集計

平成28年経済センサス-活動調査 確報集計結果〈宮城県の卸売業,小売業〉

-主要項目の動き-

1 事業所数は2万2103事業所で,前回(平成26年商業統計調査)と比べると,2162事業所,10.8%の増加となっている。

2 従業者数は18万4540人で,前回と比べると,2万4177人,15.1%の増加となっている。

3 年間商品販売額は11兆5549億円で,前回と比べると,1兆5108億円,15.0%の増加となっている。

 

  1. 表紙・利用に当たって [PDFファイル/652KB]
  2. 調査結果の概要 [PDFファイル/2.83MB]
  3. 分析表 [PDFファイル/1.1MB]
  4. 付録 [PDFファイル/244KB]

 「3.分析表」のエクセルファイルはこちら [Excelファイル/175KB]

※ 1~4を一括して印刷する場合はこちら(両面印刷) [PDFファイル/4.77MB]

全国及び他都道府県の調査結果についてはこちらから(総務省統計局のホームページへリンクします)

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)