ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鳥のヒナを拾った方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2006年8月3日更新

鳥の絵鳥のヒナを拾った方へ
家に持ち帰る前にちょっとだけ待ってください!

 

春から初夏にかけて,野鳥たちは産卵・子育ての季節を迎えます。それに合わせ「ヒナが道端に落ちてました」という相談が県によく寄せられます。中には「家に持ち帰ってきたのだが,県で引き取って育ててくれないか」と要望するかたもいらっしゃいます。

でも,ヒナを拾って持ち帰ることは「誘拐」に他ならないこと,ご存じでしょうか?「かわいそう・・・」と思って拾ってきた方は「エッ!?」と思うことでしょう。

人間から見て「落ちていた」ヒナ。実は,飛ぶ訓練をしている最中であることがほとんどです。このような時,親鳥が近くで見守っています。人間が手を差し出してしまうと,結果として親子を引き離してしまうことになります。

では,落ちていたヒナを見つけた場合,私たち人間はどう対応すればいいのでしょうか?県では次のような対応をお願いしています。

 

ヒナを見つけたときの対応

  • そのままにしておく
  • 近くの枝先に乗せてあげる
  • 巣に戻す

 

そのままにしておけば,じきに自力で飛んでいくか,親鳥がうまく誘導して巣に戻ります。しかし,「車にひかれそうだ」「ネコに襲われるかもしれない」と,心配な場合もあるでしょう。そのようなときは,近くに巣があれば巣に戻してあげ,巣が見つからなければ,近くの枝先に乗せてあげてください。

ピヨピヨ鳴いているヒナを目の前にして,「そのままにしておく」という対応を取るのは非情ともとれますし,勇気がいることです。鳥たちにとってどうするのが一番いいのか御理解いただき,ヒナたちを見守って欲しいと思います。