ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城の将来ビジョン

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月18日更新

策定趣旨

宮城県は,平成17年の国勢調査において人口が初めて減少に転ずるなど,予想を上回る速さで人口減少時代を迎えようとしています。また,本県の経済は,平成13年度を底として持ち直してきてはいるものの,ほぼ横ばいで推移しています。このような中,県財政は引き続き厳しい運営を余儀なくされており,さらには,地方分権や市町村合併の進展など,県政を取り巻く環境も変わってきています。
 こうした社会経済情勢の変化や本県の課題を的確に把握した上で,将来のあるべき姿や目標を県民と共有し,その実現に向けて県が優先して取り組むべき施策を明らかにするための「宮城の将来ビジョン」を平成19年3月に策定いたしました。

県政運営の理念 「富県共創! 活力とやすらぎの邦(くに)づくり」

私たちが目指す10年後の宮城

「県民一人ひとりが,美しく安全な県土にはぐくまれ,産業経済の安定的な成長により,幸福を実感し,安心して暮らせる宮城です。そして,宮城に生まれ育った人や住んでいる人が活躍できる機会にあふれ,国内からも国外からも人を引きつける元気な宮城です。」

政策推進の基本方向

  1. 将来ビジョン策定の答申を受けた写真富県宮城の実現 ~県内総生産10兆円への挑戦~
  2. 安心と活力に満ちた地域社会づくり
  3. 人と自然が調和した美しく安全な県土づくり

※ 以上の3つの政策推進の基本方向に沿った33の取組を行います。

 

 

 


 

計画期間・目標年度

 平成19年度から平成28年度までの10年間
   (西暦2007年度から西暦2016年度まで)

宮城の将来ビジョン

宮城の将来ビジョン(本編)全文〔PDF版 10,39MB〕
(分割)

宮城の将来ビジョン(リーフレット)〔PDF版 4,41MB〕

宮城の将来ビジョン行動計画   

   将来ビジョンの実現に向け,県が重点的に実施する取組を記載
   宮城の将来ビジョン第1期行動計画期間(平成19年度から平成21年度まで)

   宮城の将来ビジョン第2期行動計画期間(平成22年度から平成25年度まで)

     
    


 

 


 

策定経過等 

(1) 宮城県総合計画審議会(H18.6~H19.1)     
(2) 県民会議(H18.5~H18.7)     
(3) タウンミーティング(H18.9)   
(4) パブリックコメント(H18.11~H18.12)
※ 策定経過表(H18.3~H19.3) 〔PDF版 8KB〕
   

資料等

   宮城の将来ビジョンの構成と概要(平成19年2月)(A3版1枚) 〔PDF版 688KB〕
   宮城の将来ビジョン参考資料(平成19年2月)(現状分析等) 〔PDF版〕
   (分割) 

富県宮城の実現~県内総生産10兆円への挑戦~ (経済商工観光部富県宮城推進室)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)