ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

管内漁港の案内:塩釜漁港

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月1日更新

塩釜市塩釜漁港

塩釜漁港は、遠洋・沖合漁業の基地である特定第3 種漁港として、宮城県内ばかりでなく全国の漁船が利用し、マグロ、カツオ等の水揚げの基幹漁港としての重要な役割を果たしております。
 漁港内には産地卸売市場である「塩釜魚市場」が開設され、また、漁港背後地には、本県屈指の水産加工団地が形成され”ささかま”等練り製品や、各種水産加工製品の主産地となっており、マグロ等の鮮魚と共に当該製品も全国向け搬送されています。また、漁港地域には、仲卸や一般市民向けに各種鮮魚や水産加工製品を販売する「塩釜水産物仲卸市場」が開設され賑わっております。
 塩釜漁港は、特定第3種漁港として早くから整備されたことにより、施設の老朽化等による改修工事や浚渫工事等を年次計画で施工しております。

 

塩釜漁港航空写真

塩釜漁港航空写真

塩釜市漁市場

塩釜魚市場

塩釜漁港魚市場航空写真

塩釜漁港魚市場航空写真