ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農地整備 亘理町立亘理小学校で亘理用水見学会が実施されました!

亘理町立亘理小学校で亘理用水見学会が実施されました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月1日更新

亘理町立亘理小学校で亘理用水見学会が実施されました!

 令和2年7月17日に亘理町立亘理小学校4年生96名の皆さんと亘理用水見学会を行いました。

 亘理用水は岩地蔵幹線用水路とも呼ばれ,阿武隈川から取水した農業用水を亘理町や山元町へ送り届ける大切な役割を果たしています。

 当日は亘理小学校を出発して岩地蔵幹線用水路沿いを歩き,余水吐ゲート,分水工ゲート,水位調節樋門(ネルピックゲート)を見学し,施設管理者の亘理土地改良区職員の説明を聞きながら,施設の仕組みや役割などを勉強しました。

見学会の様子

 余水吐ゲートを見学する児童の様子       マンホールを見学する児童の様子

    余水吐ゲートを見学している様子           マンホールの三つ葉のマークは宮城県のマーク

 

 ネルピックゲートを見学する児童の様子       水路の水の強い流れを見学する児童の様子

 ネルピックゲートの水路の深さは2mもあります          雨が降った後の水路はとても危険!

 

余水吐ゲート・・・用水路から水があふれないように水を捨てる水門。用水路の壁の一部が少し低くなっている。

分水工ゲート・・・用水路の水を調節して田んぼに流す水門。

水位調節樋門(ネルピックゲート)・・・用水路の水位を調節する水門。水位を一定に保ったり、高い位置の田んぼへ水を流すときに使う。   

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。