ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす大河原地方振興事務所 農業農村整備部宮城仙南の農業用水利施設と歴史~角田上水~ 

宮城仙南の農業用水利施設と歴史~角田上水~ 

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

「角田上水と新田開発 高山善右衛門」

「角田上水 (現坪石幹線用水路)」

宮城県丸森町と角田市に流れる約5キロの用水。1904(明治37)年に,高山善右衛門の提唱で上水期成同盟会が組織され,06年に着工。翌年,丸森舘矢間字坪石から角田市南部までの水路(本線5,499m,無笹木支線1,441m)が開削されました。

 角田上水の写真
角田上水(丸森町内)

坪石揚水機場の写真
坪石揚水機場

  1. 角田上水の計画から完成まで
  2. 阿武隈川からの取水口
  3. 角田上水沿革史

「高山善右衛門」

1863(文久3)年角田町(現在の角田市)生まれ。角田町議会議員,伊具郡議会議員を歴任。91(明治24)年に宮城県県議会議員に当選し,1903年からは県議会副議長を務めた。角田上水敷設を一生の事業としたほか,農村や教育の振興に力を尽くしました。1928(昭和3)年没。台山公園向かい江尻排水ポンプ展示館敷地に建立されています。

高山上水翁の像の写真
高山上水翁の像(江尻排水ポンプ展示館)

江尻排水ポンプ展示館の写真
江尻排水ポンプ展示館(台山公園向かい)     

高山善右衛門の業績年表

高山善右衛門の業績年表
年次 業績と出来事
1863(文久 3)年高山善右衛門 角田町(現在の角田市)の商家,三七郎の長男として生まれる
1888(明治31)年伊具郡長遠藤元良が県庁大久保技師に上山田線上水計画の設計 を依頼
工事費節約のために再設計(角田上水計画)
1903(明治36)年県議会副議長に就任
県庁の杉野茂吉技師と角田上水工事について検討
高山は私費で測量を行い,工事遂行の地固めを始める
1904(明治37)年上水期成同盟会を組織
1906(明治39)年角田上水,着工
1907(明治40)年角田上水完成
1924(大正14)年政府は角田上水を完成させた善右衛門に銀杯を贈り,その 功労を労う
1928(昭和 3)年善右衛門は66歳の生涯を閉じる
1930(昭和 5)年善右衛門の旧専福寺境内に銅像を建設し,業績を称える
1942(昭和17)年太平洋戦争により,銅像供出
1969(昭和44)年角田市図書館前に銅像再建
1994(平成 6)年図書館前拡幅工事により,江尻排水ポンプ展示館に移転
参考文献・図書
  1. 土地改良区広報にみる30年の歩み (平成14年5月) 角田土地改良区
  2. 碑文でみる土地改良小史 (昭和62年1月)角田土地改良区
  3. 角田土地改良区概要 (昭和62年6月) 角田土地改良区
  4. 郷土みやぎの輝く星 先人の心に学ぶ(昭和60年4月)郷土みやぎの輝く星刊行委員会
  5. 角田上水沿革史(昭和45年3月)
  6. 私たちの角田市と丸森町(平成10年版)角田市・丸森町教育委員会
  7. みやぎの土地改良 宮城県