ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活保護制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月5日更新

 人は生活していくうちに病気やケガなどで働けなくなったり、様々な事情で生活に困ることがあります。
 生活保護は、このように生活に困っている方に対して、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自分たちの力で生活ができるように支援することを目的にした制度です。
 (保障と自立が目的の制度です。

 * これは憲法で保障されている国民の権利であり、要件を満たす限り、誰でも平等に適用されます。

 生活保護は、原則として生活をともにしている家族(世帯)を単位として決められます。
 その世帯の収入とその世帯の「最低生活費(国で定めた基準)」との比較で、世帯の収入が少ない場合に「その少ない程度について適用される」制度です。
 場合によっては、医療費のみ適用されることもあります。

 ・生活保護受給要件

 ・生活保護の申請について

 ・生活保護の権利と義務

 ・生活困窮者自立支援制度(社会福祉課ホームページ)