ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすまちづくり・地域振興河川・ダム・海岸県内の河川情報平成28年度第1回知水講座『昭和61年8月洪水や平成27年9月関東・東北豪雨などの大規模氾濫時の教訓や反省を踏まえた今後の治水対策のあり方』を開催しました

平成28年度第1回知水講座『昭和61年8月洪水や平成27年9月関東・東北豪雨などの大規模氾濫時の教訓や反省を踏まえた今後の治水対策のあり方』を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月20日更新

開催概要

 「知水講座」は,今後の河川行政を担う職員の人材育成を図るとともに,公開講座として,県民の方々に,河川行政についてよりよく知っていただき,今後の宮城県の河川行政のあり方を一緒に考えるために,平成16年から実施しています。

 今回は昨年9月の関東・東北豪雨被害を踏まえた最新の治水対策等について知識を深めるとともに,吉田川が破堤した昭和61年8月の台風10号から30年という節目の年でもあることから,大規模浸水被害に対して,過去の教訓や最新の知見から今後の治水対策のあり方について学びました。

 第1部では,早稲田大学理工学術院の関根教授をお招きし,大規模氾濫時の課題や氾濫発生時の対策,都市水害対策など今後取り組むべき大規模水害対策等について最新の知見等をご講演いただきました。

 第2部では,昭和61年8月洪水や平成27年9月関東・東北豪雨などの大規模氾濫時の教訓や反省を踏まえた今後の治水対策について,当時の災害対応や復旧等に従事された方々によるパネルディスカッションを行い,これからの宮城県の治水対策に関する未来への提言をとりまとめました。

開催状況写真

開催状況1開催状況2

知水講座全参加者状況

遠藤部長挨拶
開会の挨拶:宮城県土木部長

関根教授基調講演
基調講演:早稲田大学理工学術院教授 関根正人様

関根教授@コーディネーター
パネルディスカッションコーディネーター:
早稲田大学理工学術院教授 関根正人様

渥美様@パネリスト
パネルディスカッションパネリスト:
一般社団法人東北地域づくり協会理事長 渥美雅裕様

小田原様@パネリスト
パネルディスカッションパネリスト:
大崎市副市長 小田原雄一様

千葉氏@パネリスト
パネルディスカッションパネリスト:
鶴田川沿岸土地改良区理事長 千葉榮様

佐藤氏@パネリスト
パネルディスカッションパネリスト:
元 宮城県土木部長 佐藤幸男様

パネルディスカッション状況
パネルディスカッション状況

茂泉課長説明
宮城県の取組の紹介:宮城県土木部河川課長

久保田技監挨拶
閉会の挨拶:宮城県土木部技監兼次長(技術担当)


日時と会場

日時:平成28年9月1日(木曜日)13時から16時まで (開場12時30分より)

会場:TKPガーデンシティ仙台勾当台 2階「ホール1」 

        (仙台市青葉区国分町3丁目6-1 仙台パークビル)

プログラム

  1. 開会の挨拶
      宮城県土木部長 遠藤信哉
  2. 【第1部】
      基調講演
       「大規模水害にどのように備えるか」
         早稲田大学理工学術院 教授 関根正人氏
  3. 【第2部】
       パネルディスカッション
       「昭和61年8月洪水や平成27年9月関東・東北豪雨などの
         大規模氾濫時の教訓や反省を踏まえた今後の治水対策のあり方」
       <コーディネーター>
         早稲田大学理工学術院 教授 関根正人氏
       <パネリスト>
         一般社団法人東北地域づくり協会 理事長 渥美雅裕氏
         大崎市 副市長 小田原雄一氏
         鶴田川沿岸土地改良区 理事長 千葉榮氏
         元 宮城県土木部長 佐藤幸男氏
  4. 閉会の挨拶
       宮城県土木部技監兼次長(技術担当) 久保田裕

参加者数   

   127名(一般県民53名・行政関係者71名)

主   催

   宮城県(宮城県治水協会共催)

講座資料等


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)