ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすまちづくり・地域振興河川・ダム・海岸県内の河川情報平成26年度第1回知水講座『宮城県におけるこれまでの歴史をふりかえりながら、これからの河川・海岸事業』を開催しました

平成26年度第1回知水講座『宮城県におけるこれまでの歴史をふりかえりながら、これからの河川・海岸事業』を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月18日更新

 「知水講座」は,今後の河川行政を担う職員の人材育成をはかるとともに,公開講座として,県民の方々に,河川行政についてよりよく知っていただくとともに,今後の宮城県の河川行政のあり方を考えるために,平成16年度より実施しています。

 今回は,「宮城県におけるこれまでの歴史をふりかえりながら、これからの河川・海岸事業」をテーマに,県からの話題提供の後,「河川改修の歴史と未来の治水対策」と題して,これまで長く河川・海岸の仕事に従事してきました方々をパネリスト迎え,パネルディスカッションを通して,これまでの河川改修の歴史や考え方,東日本大震災の被災状況や復興状況,そしてこれからの治水対策のあり方についてお話がありました。

全体風景

知水講座全参加者状況

土木部長挨拶

開会の挨拶:宮城県土木部長

話題提供

話題提供:宮城県土木部河川課

パネルディスカッション

パネルディスカッション

閉会の挨拶

閉会の挨拶:宮城県土木部次長

開催概要

 日時:平成26年11月14日金曜日 15時00分~17時15分 (開場14時30分より)

 会場:パレスへいあん 6階「ソレイユホール」 (仙台市青葉区本町1-2-2)

 プログラム:

    (1) 開会の挨拶       宮城県土木部長 遠藤 信哉

    (2) 話題提供        宮城県土木部河川課 部技術副参事兼技術補佐 菅野 洋一

    (3) パネルディスカッション

       テーマ:「河川改修の歴史とこれからの治水対策」

       【パネリスト】

       株式会社復建技術コンサルタント 理事 佐藤 幸男 氏

       株式会社ドーコン 技術顧問 三浦 良信 氏

       宮城県公営企業管理者 橋本 潔

       宮城県土木部(技術担当)次長 久保田 裕

       【コーディネーター】

       宮城県土木部河川課長 金子 潤

    (4) 閉会の挨拶       宮城県土木部次長 門傳 淳

 4 参加者数   

   113名(一般県民 47名・行政関係者 66名)

 5 主催   宮城県(宮城県治水協会共催)

講座資料等


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)