トップページ > まちづくり・地域振興 > 河川・ダム・海岸 > 災害関連情報 > 東日本大震災「宮城県河川海岸復旧・復興環境配慮記録誌」について

掲載日:2022年3月3日

ここから本文です。

東日本大震災「宮城県河川海岸復旧・復興環境配慮記録誌」について

【記録誌作成の目的】

本県沿岸部では、東日本大震災時の地震や津波、地盤沈下により公共施設だけでなく、自然環境も壊滅的な被害を受けました。また、河川や海岸堤防の復旧にあたっても、堤防高さがレベル1津波対応としたことや粘り強い構造を採用したことから、景観のみならず自然環境への影響も懸念されました。そのため、県では環境各分野の専門家からなる「宮城県環境アドバイザー」制度を立上げ、各環境アドバイザーから復旧工事の環境配慮事項について、助言・指導を受け工事を実施してきました。

震災から10年が経過し、河川・海岸の復旧工事が完了するのを契機に、これまで各工事箇所で環境アドバイザーの意見を踏まえ実施してきた環境保全対策について、その成果と課題等を環境配慮記録誌としてとりまとめました。

【概要版】環境配慮記録誌の表紙

【本編】

お問い合わせ先

河川課河川整備班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-3174

ファックス番号:022-211-3197

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は