ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農業政策産地発展促進事業の追加募集について

産地発展促進事業の追加募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月15日更新

1 事業の目的

 本事業は,産地発展促進事業実施要領(平成29年5月18日施行。以下「要領」という。)に基づき,いちご,ねぎ,きゅうり,トマト等の全国トップレベルを目指す園芸品目(以下「トップブランド化品目」という。)の産地発展に向け,県内の事業実施主体が行うトップブランド化品目の産出額の拡大に寄与する装置・機械・施設等の整備に関する事業計画の実現に要する経費の一部を補助するものです。

2 事業対象者

 宮城県内の農業協同組合,集落営農組織及びその他の営農集団を対象とします。なお,補助金の交付を受けるためには,産地発展促進事業計画(以下「事業計画」という。)を作成し,知事の認定を受ける必要があります。

3 募集期間

第1回:令和元年5月15日(水曜日)~令和元年5月24日(金曜日)

第2回以降:令和元年6月から令和元年12月までの各月第3金曜日
(ただし,予算額に達した時点で,それ以降の募集は中止します)

 (各地域の地方振興事務所農業振興部必着)

4 事業要件等

(1) 事業を推進する体制が整備されており,トップブランド化品目の産地発展への一助となる具体的な計画に基づいた取組が見込まれること。

(2) 産地活性化のため,事業実施主体が,市町村,JA,種苗会社,実需者,県関係機関等と連携し実施する取組であること。

(3) 対象品目について,補助事業年度の3年後における作付面積,10アールあたり収量及び販売額の具体的目標を設定し,その目標達成により,いずれかで事業年度よりおおむね10%以上の増加が見込まれること。

  (4) 令和2年3月15日までに事業を完了すること。

5 事業内容及び補助対象経費

  事業計画の達成に必要と認めた装置,機械及び施設等の導入及びその経費

※導入機器を既存の機器と接続するためのアタッチメント等に要する経費を含む

 

6 補助率

 1/2以内(上限8,000千円)

 

なお、事業詳細、応募の流れ等につきましては、「募集案内」「交付要綱」「実施要領」をご覧下さい。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)