ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

事業場外保管の届出

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月30日更新

1 排出事業者は,建設工事に伴い生じる産業廃棄物を,排出した事業場の外において自ら保管(保管の用に供される場所の面積が300m2以上の場所で行うものに限る。)を行おうとするときは,原則としてあらかじめ保管場所を所管する保健所に届け出なければなりません。

  • ただし,非常災害のために必要な応急措置として保管を行うときは,保管した日から14日以内
    に保管場所を所管する保健所に届け出が必要です。
  • 保管届出場所における産業廃棄物の保管については,産業廃棄物処理基準が適用されます。
  • 届け出た事項を変更しようとするときは,事前に届け出が必要です。また,保管をやめたときは,
    30日以内に届け出が必要です。
  • 特別管理産業廃棄物についても同様の保管届出が必要です。
  • 平成23年度4月1日時点で行われている保管については,6月30日までに届け出なければなりません。


 2 添付書類

  • 届出をしようとする事業者が保管の場所を使用する権原を有することを証する書類
  • 保管場所の平面図及び付近の見取り図


 3 様式