ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子供の読書活動の推進【北部】

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月23日更新

 子供が人生をより深く生きる力を身に付けていくため,言葉を学び,感性を磨き,表現力を高め,創造力を豊かなものとできるように,幼少期から青年期にかけての「読書活動」を推進します。
 子供の読書活動は,主体的・対話的で深い学びの実現に結び付くとともに,多様な文化を理解したり,文学作品に加え,自然科学・社会科学関係の書籍や新聞,図鑑等の資料を読み深めることを通じて,更なる探究心や真理を求める態度を培います。


 宮城県教育委員会では,「第四次みやぎ子供読書活動推進計画」を策定し,家庭での読書活動の推進や,公立図書館における事業内容の充実・情報発信の強化を掲げ,読書活動の習慣化に向けて取り組んでいます。

子供読書活動に携わる担い手の交流の促進

 様々な立場で「子供読書活動」に携わる担い手の交流を図ります。担い手それぞれが抱える課題の解決策を探るきっかけの場とするとともに,各市町の子供読書活動の広がりにつなげます。

2018 令和元年度(2019年度)交流会概要

2018 平成30年度(2018年度)交流会概要

 

「市町子供読書活動推進計画」策定等の推進

 管内の各市町が,「子どもの読書活動の推進に関する法律」(平成13年法律第154号)第9条2項に基づき,当該市町における子供の読書活動の推進の状況等を踏まえて,この推進に関する施策についての計画(「市町村子ども読書活動推進計画」等)を策定・改訂するように支援します。

 ⇒⇒⇒ 文部科学省「子ども読書の情報館」ウェブサイト