ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城大学の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月20日更新

宮城大学の概要

建学の理念

 宮城大学は21世紀の東北・宮城の発展を担い,わが国及び国際社会に貢献できる人材を育成することを目的とし,本県初の4年制県立大学として平成9年4月に開学しました。
 「ホスピタリティ精神やアメニティ感覚に溢れ,高度な専門性と実践的能力を身につけ,地域の発展をリードし世界に貢献できる人材を育成するとともに,学術・文化の向上と豊かで活力ある地域形成に寄与する」ことを建学の理念としています。

 

沿革

 宮城大学は,保険医療・福祉ニーズの増大,高度化・多様化・複雑化に対応できる資質の高い看護職員の養成を図り,宮城県が目指している「日本一の福祉先進県」を実現するための人材育成の役割を担う「看護学部」と,各種事業の企画・開発に関する知識や技術を体系的に学ぶことで,新しい時代における各種のプロジェクトを総合的な観点からプロデュースできる実践的な人材を育成する「事業構想学部」の2学部3学科で開学し,平成13年4月には,大学院「看護学研究科」「事業構想学研究科」を設置しました。

 また,平成17年4月には,食材の生産・加工・流通・消費という一連の流れを食産業として捉え総合的に教育研究を行い,食に関して幅広い知識と実践力を身につけた人材を育成する「食産業学部」を設置し,平成20年4月には,「事業構想学研究科」に「博士課程」を設置しました。

 平成21年4月には,自主性・自律性を高めた効率的・効果的な運営による教育・研究の充実強化や教育研究成果の社会への提供が果たせるよう,県立大学を公立大学法人が設置する大学とし,併せて大学院「食産業学研究科」を設置しました。

 平成22年4月には,「看護学研究科」に「博士課程」を,平成25年4月には,「食産業学研究科」に「博士課程」を設置しました。

 平成29年4月には,学部改組により学群・学類制に移行し,現在は3学群6学類,3研究科で構成されています。

沿革の表
平成9年4月開学〔看護学部・事業構想学部〕
平成13年4月大学院(修士課程)設置
 〔看護学研究科・事業構想学研究科〕
平成17年4月食産業学部設置
平成20年4月宮城大学大学院(博士後期課程)設置〔事業構想学研究科〕
平成21年4月公立大学法人宮城大学設立(法人化)
宮城大学大学院(修士課程)設置〔食産業学研究科〕
平成22年4月宮城大学大学院(博士後期課程)設置〔看護学研究科〕
平成25年4月宮城大学大学院(博士後期課程)設置〔食産業学研究科〕
平成29年4月宮城大学学部改組により学群・学類制へ移行

 

学群

学群定員の表
学部名 看護
学群
事業構想 
学群
食産業
学群
学科名看護
学類

事業プランニング
学類

地域創生学類価値創造
デザイン学類
食資源開発学類

フードマネジメント
学類

入学定員95名200名125名

研究科

研究科定員の表
研究科名 看護学
研究科
事業構想学
研究科
食産業学
研究科
課程名博士前期
課程

博士後期
課程

博士前期
課程
博士後期
課程
博士前期
課程
博士後期
課程
入学定員20名9名40名9名26名

9名

高等教育の修学支援新制度(令和2年度から)

大学等における修学の支援に関する法律による,高等教育の修学支援新制度に関して,

宮城大学が,修学支援の対象機関となるための要件を満たしていることを確認しました。(令和元年9月20日)

 

〇 大学等における修学の支援に関する法律第7条第3項に基づく公表

   確認要件を満たす大学・専門学校の一覧(宮城県知事確認分)


なお,全国の対象校一覧は文部科学省ホームページに掲載されております。

確認大学等の公表(文部科学省ホームページへのリンク)

 

〇 高等教育の修学支援新制度概要(文部科学省ホームページへのリンク)

 


 宮城大学について詳しくお知りになりたい方は宮城大学のホームページをご覧ください。

宮城大学