トップページ > 展覧会 > コレクション展示 > 令和3年度第3期コレクション展示

掲載日:2021年11月21日

ここから本文です。

令和3年度第3期コレクション展示

ご来館に当たり、必ず下記の「感染予防等のためのご来館の皆様へのお願い」をご一読ください。

感染予防等のためのご来館の皆様へのお願い

展覧会概要
会期

2021年9月18日(土曜日)~2021年12月26日(日曜日)

※9月18日(土曜日)~11月7日(日曜日)は、本館1階展示室1で開催中の「宮内庁三の丸尚蔵館所蔵 皇室の名品展」もご覧いただけます。

※11月13日(土曜日)から展示内容が一部変わります。

会場

  • 9月18日(土曜日)~11月7日(日曜日)
    本館1階展示室2、佐藤忠良記念館展示室5~9
  • 11月13日(土曜日)~12月26日(日曜日)
    本館1階展示室1・2、佐藤忠良記念館展示室5~9
休館

月曜日(9月20日は開館)、9月21日(火曜日)、11月9日(火曜日)~12日(金曜日)

料金

一般300円(240円)/大学生150円(120円)/高校生以下無料

( )は20名以上の団体料金。

※特別展の観覧券をお持ちの方は、コレクション展示もご覧いただけます。

※9月20日(敬老の日)、10月30日・31日(東北文化の日)、および11月3日(文化の日・開館記念日)は、常設展(コレクション展示)の無料観覧日です。

本館1階 展示室 1・2

展示室1 展示作品目録(本館:2021年11月13日ー12月26日)(PDF:277KB)

展示室2 展示作品目録(本館:2021年9月18日ー12月26日)(PDF:174KB)

所蔵名品選

展示室1では、主に戦後の作品の中から、大画面に表現された作品を中心にご覧いただきます。所蔵品の中でも最大級の絵画作品である荒川修作《Within Verbing/Blank Body/By…》は、6枚のパネルによって構成された横長の画面に、矢印、直線、曲線などの記号的図形や英語の文章、色のグラデーションなど様々な要素が表されています。このほか「具体」の作家たちによる抽象絵画、廃材やコンクリート、金箔等様々な素材を用いて建築的なイメージを構成する田窪恭治、那智の滝「二の滝」の美しい姿を描いた佐藤一郎の作品、さらには大画面に描かれた日本画作品など、多彩な表現をご覧いただきます。展示室2では引き続き当館所蔵の名品をギュッと凝縮してご紹介。おなじみの高橋由一や松本竣介のほか、「創作版画」の優品や竹久夢二の美人画などを展示します。西洋美術ではクレー、カンディンスキーはもちろん、ルオーの油彩画やロートレック、ミュシャのポスター、ピカソの版画などなど…。佐藤忠良記念館でも、洲之内コレクションや「ぐりとぐら」シリーズの絵本原画をお楽しみいただけます。

 

出品作品(本館)

高橋由一 《松島五大堂図》 1881年

松本竣介 《画家の像》 1941年

萬鉄五郎 《羅布かずく人》 1924年

安井曽太郎 《少女像》 1937年

竹久夢二 《ギヤマン問屋の夏》 1914年

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
《ディヴァン・ジャポネ》 1893年

ヴァシリー・カンディンスキー
《商人たちの到着》 1905年

パウル・クレー
《橋の傍らの三軒の家》 1922年

佐藤忠良記念館 展示室5~9

展示作品目録(佐藤忠良記念館)(PDF:172KB)

佐藤忠良の彫刻

宮城県生まれの彫刻家・佐藤忠良による彫刻の代表作を中心に、初期から晩年までの作品を紹介します。

洲之内コレクション

洲之内徹(すのうち とおる、1913-1987)は、美術エッセイ「気まぐれ美術館」で人気を博した文筆家として、また「現代画廊」を経営した画廊主として知られています。洲之内の死後当館が収蔵した「洲之内コレクション」は、彼が最後まで手元に置いていた作品たちであり、自身の眼で評価した、「盗んでも自分のものにしたくなるような」作品でした。これら様々な物語をまとった作品の中から、彼がひときわ愛着を抱いていた海老原喜之助《ポアソニエール》などを展示室9でご紹介します。

絵本原画:山脇百合子「ぐりとぐらとくるりくら」

宮城県美術館では、1998(平成10)年から、絵本原画を収集しています。現在は500タイトルを超える作品を所蔵し、当館の特色のひとつとなっています。コレクションの核となっているのは、初期の「こどものとも」(福音館書店)の原画です。

今回は山脇百合子による『ぐりとぐらとくるりくら』(なかがわりえことやまわきゆりこ、1987年、福音館書店)の原画を展示室9でご紹介します。

出品作品(佐藤忠良記念館)

佐藤忠良 《群馬の人》 1952年

佐藤忠良 《ふざけっこ》 1964年

佐藤忠良 《帽子・夏》 1972年

海老原喜之助 《ポアソニエール》 1934年
洲之内コレクション

靉光 《鳥》 1942頃
洲之内コレクション

山脇百合子
「ぐりとぐらとくるりくら」 表紙
1987年 福音館書店刊 絵本原画

コレクション展示関連イベント

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、予定が変更になる場合がありますのでご注意下さい。

コレクション展示 ギャラリー・トーク

詳しくは、コレクション展示ギャラリー・トークのご案内をご覧ください。

絵本原画 ギャラリー・トーク

詳しくは、コレクション展示ギャラリー・トークのご案内をご覧ください。

お問い合わせ先

宮城県美術館 

仙台市青葉区川内元支倉34-1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています