ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成22年度第3期常設展

展覧会概要
会期2010年9月28日(火曜日)-12月23日(木・祝)
休館月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌日が振替休館)
料金一般300円(240円)、大学生150円(120円)、小中高生無料。ただし、( )は20名以上の団体料金。なお、特別展の観覧券をお持ちの方は、常設展・小企画展もご覧になれます。

常設展 本館展示室1

日本と海外の近現代美術コレクションの中から毎回90点程度を選んで構成します。

日本画
  竹久夢二、山形駒太郎らの作品を展示いたします。
日本の洋画
  高橋由一、安井曽太郎、大沼かねよらの作品を展示いたします。
海外の美術
  カンディンスキー《「E.R.キャンベルのための壁画No.4」の習作(カーニバル・冬)》、
  ココシュカ版画集《夢見る少年たち》など17点を展示いたします。

佐藤忠良記念館

《ふざけっこ》、《丸い椅子》など彫刻の代表作や素描を展示いたします。

展示室9では、7月4日(日曜日)より
特集企画展「写真家ベンジャミン・リーの見た彫刻家佐藤忠良」
を開催しております。

山形駒太郎 《起重機》 

山形駒太郎               
《起重機》 1928年           

大沼かねよ 《シューズ・クリーニング・ショップ》

大沼かねよ

《シューズ・クリーニング・ショップ》 1933年


オスカー・ココシュカ 《眠る女》 

オスカー・ココシュカ                 
《眠る女》 1908年                  

佐藤忠良 《ふざけっこ》

佐藤忠良

《ふざけっこ》 1964年