ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成22年度第1期常設展

展覧会概要
会期2010年4月3日(土曜日)-6月27日(日曜日)
休館月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日(木曜日)
料金一般300円(240円)、大学生150円(120円)、小中高生無料。ただし、( )は20名以上の団体料金。なお、特別展の観覧券をお持ちの方は、常設展・小企画展もご覧になれます。

常設展 本館展示室1

日本と海外の近現代美術コレクションの中から毎回90点程度を選んで構成します。

日本画
冨田渓仙、山口多門らの作品を展示いたします。

日本の洋画
高橋由一、安井曽太郎、斉藤義重らの作品を展示いたします。

洲之内コレクション
萬鉄五郎《風景・春》、海老原喜之助《ポアソニエール》などの作品を展示いたします。

海外の美術
クレー《橋の傍らの三軒の家》、《アフロディテの解剖学》など9点を中心に展示いたします。

佐藤忠良記念館

《ふざけっこ》、《丸い椅子》など彫刻の代表作や素描を展示を展示いたします。
展示室9では「佐藤忠良の1960年代」を特集します。

富田渓仙 《福建龍骨車図》 

冨田渓仙
《福建龍骨車図》 1913年

パウル・クレー 《アフロディテの解剖学》

パウル・クレー
《アフロディテの解剖学》 1915年


 パウル・クレー 《橋の傍らの三軒の家》 

パウル・クレー                   
《橋の傍らの三軒の家》 1922年        

佐藤忠良 《ふざけっこ》

佐藤忠良
《ふざけっこ》 1964年