ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ震災・復興平成23年東北地方太平洋沖地震 知事臨時記者会見(2011年3月18日)

平成23年東北地方太平洋沖地震 知事臨時記者会見(2011年3月18日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月18日更新

 私から県民の皆さまに向けてメッセージを発したいと思います。
 地震発生から一週間がたちました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災を受けられました皆さまに対しまして、心からお見舞いを申し上げます。
 県は、国や市町村、多くのボランティアの皆さまと力を合わせ、行方不明者の捜索、被害を受けられた皆さまへの生活支援、そしてライフラインの復旧等、全力で取り組んでおります。   
 現在、県内では、ガソリンや軽油、灯油が不足をしております。国のみならず県でも独自に確保に努め、なんとか、めどが立って参りました。今日、明日というわけには参りませんが、少しずつ、県内のガソリンスタンドが営業を開始するものと思います。いずれ、県民の皆さまの元に、しっかりとお届けすることができるようになると思います。決して慌てることなく、落ち着いて行動していただきたいと思います。   
 県内では、家を失い、家族をも失った方がたくさんおられます。県は、そうした人たちへの支援を最優先で取り組んで参ります。郷土の仲間の苦しみを自分の苦しみと受け止め、皆で協力し合う、そういうすばらしい県民性をぜひとも皆さん、力を合わせて発揮しようではありませんか。どうか皆さま、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

知事臨時記者会見本文ここまでです