ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

業務案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年12月15日更新

業務案内


 自然保護課の仕事は、自然環境をまもることです。自然公園の保護や野生動植物の保護、緑化の推進などを行っています。自然保護課の各班では、以下のような事務を分担しています。
 詳しくお知りになりたい方は、お気軽にご相談下さい。

業務案内の表
班名事務分担 電話
調整指導班◇ 伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターの管理に関すること
◇ 蔵王野鳥の森自然観察センター(ことりはうす)の管理に関すること
◇ 宮城県クレー射撃場の管理に関すること
◇ (公財)宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団の指導に関すること
◇ 公の施設の指定管理運用に関すること
◇ 宮城県自然環境保全審議会に関すること
022-211-2671
自然保護班

◇ 自然環境保全行政の総合企画及び調整に関すること
◇ 自然公園に関すること(公園計画の再検討、行為の許可・届出の受理、指定植物の保護など)
◇ 自然環境保全地域、緑地環境保全地域に関すること(地域指定、行為の許可・届出の受理など)
◇ 大規模開発行為に対する指導に関すること
◇ 栗駒山自然景観保全修復事業に関すること
◇ 金華山島生態系保全事業に関すること
◇ 伊豆沼・内沼の環境保全対策に関すること
◇ 仙台湾海浜地域の保全対策に関すること
◇ 自然環境共生指針の策定に関すること
◇ 自然保護思想の普及啓発(自然観察会、自然教室など)に関すること                                                                                                          ◇ 魚取沼(ゆとりぬま)のテツギョ保全対策に関すること                                                                                                      ◇ 県設野鳥の森の整備に関すること

022-211-2672
野生生物保護班

◇ 野生生物保護対策に係る総合調整に関すること
◇ 鳥獣保護に関すること(保護区等の設定・管理、鳥獣に関する調査、有害鳥獣捕獲、鳥獣保護思想の普及啓発など)
◇ 狩猟免許及び狩猟の適正化に関すること
◇ 第11次鳥獣保護事業計画の策定に関すること
◇ (一社)宮城県猟友会の指導に関すること
◇ 伊豆沼・内沼及び蒲生干潟の環境保全対策(野生生物関係)に関すること
◇ 野生鳥獣の生息調査に関すること
◇ 傷病鳥獣保護に関すること
◇ 宮城県レッドデータブックのデータ更新に関すること
◇ 希少野生生物、指定野生生物、猛禽類の保護対策に関すること

022-211-2673
みどり保全班◇ 林地開発の規制に関すること(林地開発許可に関する事務)
◇ 県民の森、昭和万葉の森、こもれびの森、全国植樹祭記念の森の維持管理に関すること
◇ 緑化団体の育成に関すること
◇ 百万本植樹事業に関すること
◇ 宮城森とのふれあいフェスティバルの開催事業に関すること
◇ 宮城みどりの基金の造成事業に関すること
◇ 自然教育観察林等整備事業に関すること(野外教育の支援、森林インストラクターの養成)
◇ 「みやぎ未来の森林(もり)」の整備(七つ森森林公園の整備)に関すること
◇ 環境緑化に関すること
022-211-2676