ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす食と暮らしの安全推進課食中毒予防月間実施結果のお知らせ

食中毒予防月間実施結果のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月14日更新

 宮城県食中毒予防月間(6 月 15 日~7 月 14 日)における食と暮らしの安全推進課及び県下 9 保健所(支所)の取り組み事項の概要は以下のとおりでした。

食と暮らしの安全推進の取り組み事項の表
実施内容概要
広報活動の実施
  • 食中毒予防街頭パレード,イベント会場・大型量販店等での食中毒予防キャンペーン
  • 市町村広報誌及び新聞による食中毒予防啓発記事の掲載
  • 腸炎ビブリオ食中毒注意報の発令と各保健所前に垂れ幕の掲示
  • 幼児を対象とした手洗い教室の開催
チラシによる広報
  • 県作成の食中毒予防チラシ配付
    15,000 枚
食品衛生監視員による
監視及び指導等の強化
  • 集団給食施設(学校・福祉施設等),大型調理施設(弁当・仕出し等),旅館及び民宿,飲食店営業,食品販売業,食品製造業,大型量販店などの監視指導
    1,128 件
営業者及び消費者に対する講習会
  • 41 回
    1,330人
食品衛生指導員*による巡回指導
  • 飲食店営業,食品販売業,食品製造業などの巡回指導
    4,099 件

 

 

 *:(公社)宮城県食品衛生協会が会員から選任し,自主衛生管理の推進にあたる。