ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

製菓衛生師試験、免許について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月26日更新

 製菓衛生師になるためには、県知事が行う製菓衛生師試験に合格し、免許の交付を受けることが必要です。
 宮城県では、年1回製菓衛生師試験を行っております。
 平成28年度製菓衛生師試験は終了しました。
 次回の開催は平成29年度の予定です。


過去問題及び解答につきましては,こちらを御覧ください。

東日本大震災による取り扱いについて

被災したことにより,免許証の再交付申請及び書換え交付申請を行う場合には,手数料を免除することができます。
 詳しくは,申請する窓口でお問い合わせください。

 

製菓衛生師試験問題について

過去5年分の試験問題及び正答を公表しております。

   宮城県庁舎地下一階 (県政情報センター)
   県合同庁舎内 (県政情報コーナー)
    (仙台地方県政情報コーナーは除きます。)

 

製菓衛生師免許関係各種申請について

製菓衛生師免許関係各種申請用紙の様式が変わりました!
 
平成26年1月より申請用紙の様式が改訂されました。
 免許の申請等をされる方は,下記の様式をダウンロードし,必要事項を明記の上,必要書類とともに住所地を管轄する保健所,もしくは県外及び仙台市に在住する方は宮城県環境生活部食と暮らしの安全推進課へ提出してください。
 なお,当面の間は旧様式でも受け付けます。

製菓衛生師試験に合格し、免許の交付を受けるとき

(住民票の住所が宮城県以外にある方は、住所地の都道府県庁にお問い合わせください。)

概要
申請区分手数料必要書類
免許の申請5,600円
(宮城県収入証紙による)
(1) 製菓衛生師免許申請書[Wordファイル/B][PDFファイル/B]
      *記載例はこちらを参照願います[PDFファイル/B]
(2) 本籍地記載の住民票又は戸籍謄(抄)本(6ヶ月以内のものに限る。)
(3) 麻薬、あへん、大麻若しくは覚せい剤の中毒者であるかないかに関する医師の診断書(3ヶ月以内のものに限る。医師の氏名及び印のあること。)
*様式は任意ですが、麻薬、あへん、大麻、覚せい剤の4項目全ての記載が必要となりますのでご注意ください。
診断書の例はこちらを参照願います[PDFファイル/B]
(4) 製菓衛生師試験合格証書(原本提出)

 

本籍地都道府県又は氏名が変わったとき 

概要
申請区分手数料必要書類
名簿の訂正
(30日以内)
不要

(1) 製菓衛生師名簿訂正申請書[Wordファイル/B][PDFファイル/B]
(2) 訂正の原因となった事実を証する書類
            *戸籍謄(抄)本

免許証の書換え2,800円
(宮城県収入証紙による)

(1) 製菓衛生師免許証書換え交付申請書[Wordファイル/B][PDFファイル/B]
(2) 製菓衛生師免許証

 

免許証を紛失、破損、汚したとき

概要
申請区分手数料必要書類
免許証の再交付3,500円
(宮城県収入証紙による)
(1) 製菓衛生師免許証再交付申請書[Wordファイル/B][PDFファイル/B]
(2) 免許証を破り、又は汚した場合は、当該免許証

 

製菓衛生師が死亡又は失踪宣告を受けたとき

概要
申請区分手数料必要生類
登録の消除
(30日以内)
不要(1)製菓衛生師名簿登録消除申請書[Wordファイル/B][PDFファイル/B]
(2) 製菓衛生師免許証(原本返納)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)