ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがすリハビリテーション支援センター全国地域リハビリテーション合同研修大会inみやぎ2018 大会報告

全国地域リハビリテーション合同研修大会inみやぎ2018 大会報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月6日更新

多くのご参加をいただきありがとうございました。

平成30年7月7・8日 宮城県多賀城市にある東北歴史博物館にて,「全国地域リハビリテーション合同研修大会inみやぎ2018」を開催しました。

大会長あいさつ

 参加者は二日間で延べ360名,県外からは51名の方にご参加いただきました。 

大会プログラム

 大会プログラムの詳細版に講師・座長・シンポジストが掲載されています。 

大会プログラム(全日程) [PDFファイル/185KB]  

77日 (土曜日) 午後2時~

 ◇ 開会式

 ◇ 特別講演 「宮城の地域リハビリテーションの歩みを振り返り,これからを考える」

 ◇ シンポジウム 「震災復興支援から地域包括ケアへの発展-地域づくり・まちづくり-」

 ◇ 懇親会

7月8日(日曜日) 午前9時45分~

◇ シンポジウム 「介護予防事業の取組とリハ専門職の役割」

◇ シンポジウム 「障害者の自立支援を支えている医療機関の取組」

7月8日(日曜日) 午後1時30分~

●一般l公開講座

 ◇ 特別講演 「高齢者主体の地域包括ケアシステムから障害児・者を含めた展開へ」

●宮城県主催 地域リハビリテーションスタッフ研修会

 ◇ シンポジウム 「地域共生社会の実現に向けた障害児・者支援」

パネル展示

 宮城県内の障害者の震災体験をまとめたパネルを「特定非営利活動法人 みやぎセルプ協働受注センター」の協力により展示しました。

ソレカラ パネル展1 ソレカラ パネル展2

耳の不自由な方・目の不自由な方へ

 耳の不自由な方に対し,「みやぎ通訳派遣センター」の御協力により,要約筆記をサブスクリーンに映写しました。

 要約筆記2 要約筆記1

 目の不自由な方に対し,「認定NPO法人 ビートスイッチ 就労継続支援B方事業所 希望の星」の御協力により点訳資料を準備しました。

点訳資料

閉会式・大会講評

 閉会式にて,松坂全国地域リハビリテーション支援事業連絡協議会長,柳全国地域リハビリテーション研修会長より, 震災によりいろんなものがない中で,地域包括ケアの素晴らしい活動に発展していったことは地域リハの原点となることや,高齢化社会により働き手が少なくなるが,いろんな障害を持つ方にも地域を支えてもらう担い手になってもらえると良いことを本日の研修で教えてもらったとの講評をいただきました。

 来年は,兵庫県で開催されます。また,来年会場でお会いしましょう。

【大会実行委員会事務局】

 宮城県リハビリテーション支援センター

〒981-1217 宮城県名取市美田園2-1-4

TEL 022-784-3588 FAX 022-784-3593 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)