ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育教育全般教育方針教員免許状の授与証明書・書換・再交付・授与・検定等の手続き・様式

教員免許状の授与証明書・書換・再交付・授与・検定等の手続き・様式

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月29日更新

教員免許状の授与証明書・書換・再交付・授与・検定等の手続き・様式

それぞれの「手続き」には,提出書類・提出方法・受付期間・受取方法・問合せ先等が説明されていますので,はじめにご覧ください。
ファイルはすべてAdobe社のPDF形式で保存されております。
クリックして表示したあとに印刷か,あるいは右クリックで「ファイルに保存」してご利用ください。

授与証明書 免許状が授与されていることの証明書が必要なときの手続き

※授与証明書は「宮城県教育委員会から授与された免許状」に限り出願できます。
宮城県以外の教育委員会から授与された免許状については,授与された教育委員会にお問い合わせください。


書換 免許状の本籍地や氏名に変更があったときの手続き

※書換は「宮城県教育委員会から授与された免許状」に限り出願できます。
宮城県以外の教育委員会から授与された免許状については,授与された教育委員会にお問い合わせください。


再交付 紛失や破損による再交付が必要なときの手続き

※再交付は「宮城県教育委員会から授与された免許状」に限り出願できます。
宮城県以外の教育委員会から授与された免許状については,授与された教育委員会にお問い合わせください。


授与 大学等の学位と必要な単位の修得等により免許状を出願するときの手続き

※教員資格認定試験に合格した方は「授与」の手続きとなります。


検定 教員としての実務経験と必要な単位の修得等により免許状を出願するときの手続き

検定 保育士資格を有する者が幼稚園教諭免許状を取得するための特例制度により出願するときの手続き

  幼稚園教諭免許状取得のための特例制度は「免許法附則第19項の規定による検定」となりますので,検定の手続きをよくご覧いただき,書類を提出してください。

※特例制度の対象施設については幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例 をご覧ください。

※特例制度の詳細については幼稚園教諭の普通免許状に係る所要資格の期限付き特例をご覧ください。


特別免許状の出願手続き ※個人での出願はできません。

※平成27年4月1日から特別免許状の授与に係る教育職員検定の制度が変わりました。


臨時免許状の出願手続き ※個人での出願はできません。


12年指定

 教育職員免許法に定める「12年指定」については,下記の『教育職員免許法別表第3に定める「12年指定」実施要項』をご覧ください。12年指定の対象となる者で,当該指定を受けることを希望する者は,事前に宮城県教育庁教職員課研修免許班(電話:022-211-3639)まで申し出てください。

 なお,「12年指定」を受けると最低修得単位数が10単位に逓減されますが,12年経過日から3年以内に一種免許状を取得できなかった場合は,単位の逓減措置がなくなり,逓減された最低修得単位数が25単位又は45単位に戻されますので注意してください。 一方,「12年指定」を受けなくとも,12年又は6年以上の在職年数により,最低修得単位数が10単位まで逓減され,一種免許状の取得の有無にかかわらず,その後も逓減された単位数は10単位のまま変わりません。


文部科学省へのリンク


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)